2008年06月02日

どうなるかな

お久しぶりでございます。ぺこり。
今週から、お父ちゃんとこにヘルパーさんに来てもらう事になりますた。
週に2回ヘルパーさん、週に2回デイ・ケアかデイ・サービスの通所施設を利用し、週に一度配食サービスを利用して、市の緊急通報システムを入れて・・・とイロイロなサービスを利用する事になったのでーす。
通所施設は、今月のうちに何ヶ所か体験利用してから、どこにするか決める予定です。
以前はそうゆうの「ヤだ」とか「いらん」とか言っていたので、強く勧めたりしなかったのですが、この度の退院では本人がそうゆうの必要だと思ったようです。
同居しても日中はひとりで過ごしてもらわねばならないので、昼のあいだ寝間着で寝てばかりいるようになるのは目に見えており(既にそうなり始めており)、同居してもいつかは何かのサービスを利用する事になっていたでしょう。

横になっていたい人は、好きなだけ横になってたらええのではないか?と思わないでもないですが、それでココロ陽気にいられる訳でもなさそうだし、やっぱり起きれるうちは起きて自分の事を出来る方がええかな?とかとか、ぐるぐる考えてしまいます。
自宅に他人が入るとなると、緊張感もあるだろうし、ヘルパーさんに買い物や調理をしてもらえることより、人が来るから起きて応対しよう、とゆうとこに良さがあるかな、と私は思ってるんですが。
どうなるかなー、これまでと違う生活のパターンに上手く慣れてくれるかなー、と心配な私は過保護な親のような心境でし。ハラハラ。
ガンバレ後期高齢者。
デイ・ケアに素敵な未亡人が来てるかも分からんし。


その件でこのところ実家に寄りがちなので、ブログ徘徊も減っています。コメントもお返事遅くなると思います。予め謝っておきます。すんません。

posted by 青グリン at 12:20| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

こどもだけなんてズルイ

友人が教えくれた面白いこども番組。
虫の生態を毎回面白いうたにして見せてくれます。


ふてぶてしく蜜を横取りするカワイイくま。



絶滅寸前哀愁のバイソン


地味で変な虫だから「じみへん」という虫の曲もあったし、お母さんがたのハートも掴む、シブいこども番組ですた。
チータとヒョウの違いを歌ったチキチータに似た「きみチータ」ゆうのもありますた。
こどもはいいもん見れていいナー。

にんじんさんが反応したので「じみへん」追加。眠いのでレスは明日ね。
posted by 青グリン at 19:08| Comment(14) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

青空供養

見上げたら、梢のすきまの空が青かった。葉は光って、音をさせて揺れた。なんの木だったか忘れたけど。春の真ん中みたいな日だった。
一年て早いナ。
今日は母の命日だ。
法事は先の日曜に済ませた。お供え物の菓子箱を今日持って帰ろうと思ってたのに、今日行ったらなかった。ひと箱残しておいてくれたら良かったのに。親の一周忌に欲しかったもなかがなくなってる事にガッカリしてていいのだろうか。ああ、あれ大好きだったのに。
母は気候のいい時亡くなった。
今日も木を見上げた。去年と似たような空だった。そう思ったら一瞬だけ365日巻き戻った。
これからもなかは忘れず持って帰ることにして、母には青葉を供えよう。
葉っぱの揺れる音を聞こう。青葉が陽に光るように、毎年晴れるといいのにナ。
posted by 青グリン at 23:05| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

カッパのスキンケヤー

春ですね。あやく3月の更新をしなくては、あさって4月になってすまうので、あわてて更新しますた。
前にひそちゃんに評判が良かった、手作り化粧水とスキンオイルの事を書きますね。
わたすは長年、この化粧水とオイルだけで基礎化粧は済ませています。これが万人に合うかどうかは分かりませんが、私にはよく合っておりマス。さ、これでみんなもインドゴムなカッパ肌!

まず、手作り化粧水に用意するものは
◎尿素
 安価で入手しやすい園芸用肥料で十分です。1kg入のもので200〜300円程度です。
※但し、尿素単独のものを選び、配合肥料と表示のあるものは避けてください肥料用尿素には、「保証成分量(%)窒素全量46」と表示されているものがあります。それが尿素100%の意味です。それを買うて下さい。
◎グリセリン
 グリセリンは薬局で市販されています。日本薬局方の物が良いでしょう。50ml入で300〜400円程度です。
◎空き容器
 美肌水の原液を作るためのものと、その一部を薄めて肌に合った美肌水を作るためのものを用意します。
原液用は、口の大きなものが、材料を入れやすく便利です。
薄めて作った美肌水を入れる容器には、化粧品の空き瓶のように、透明で、口の小さいものが、腐敗防止と監視のために便利です。
いずれも、水で良く洗ってから使用してください。
尿素とグリセリン.JPG


≪原液の作り方≫
@尿素    50g
 水道水   200ml
 グリセリン こさじ1杯(約5cc)
 空き容器  ペットボトルなどを用意する。
尿素50グラム.JPG
A容器に尿素50gを入れます。
入れ終わったら、油性マジックペンで容器に目印をつけておくと、次から尿素を量る手間が省けて便利です。(わたすは50グラム計量したのを小さいジップロックに入れて置いてます。)
尿素を入れ物にサラサラと.JPG
B水道水を200ml入れます。
※美肌水には、一切防腐剤が含まれていません。 その為、水道水を使うことにより、水道水に含まれる微量の塩素が防腐剤の役割を果たすのです。尿素が溶けて透明になるまでよく振ります。(約1分間)
C尿素が溶けたら、こさじ1杯のグリセリン(約5cc)を加え、再びよく振ります。容器に『美肌水の原液』とかいたラベルを貼っておけば、ほかのものと間違える心配がなく、安心です。

≪使用法≫
※原液は、冷蔵庫の保存で、約6ヶ月は品質が保持できます。
美肌水原液の尿素濃度は、20%になります。これは、市販されている尿素入り外用剤の最高濃度と同じです。従って、使用する体の部分によって、原液を薄める必要があります。
薄めた美肌水の品質保持期間は、冷蔵庫保存で約1ヶ月間です。
材料費は安いのですから、古くなったら庭の肥料にでも使って、新しい美肌水を作りましょう。

顔に使用する場合 原液を水道水で10倍に薄めて下さい。
顔以外の体に使用する場合 原液を水道水で5倍に薄めて下さい。
手のひら、足の裏、かかと、ひじやひざ頭など角質の厚い部分に使用する場合 原液をそのまま使用してください。

濃度は、あくまで目安です。 個人差がありますので、刺激が強いと思ったら、さらに薄めて使用してください。保湿を求めるなら濃くしたり好みに調整して下さい。
また、かぶれや痛みを感じたらすぐに使用を中止してくださいね。
わたすは薄めたものを大きいアトマイザーに入れて使ってますです。

以上↓からとってきますた。「美肌水」で探したらいっぱいでてきます。
http://www.ueda.ne.jp/~wkoide/skincare/bihada.html
なんと言っても安く済むのと、一年中使える事が気に入っています。これを使って特に肌がどうこう良くなるということはないんですが、既製品の高い化粧水のように合わなかったという事がありませんでした。せっかくいいと思って買った高い既製品なのに、しばらくするとナンか合わない気がしてきたとかゆう経験があったんですが、これは薄め加減で一年中使え、何の不具合もなく調子が良かったんです。ちなみに尿素一袋で何年分もあるます。まったくこれは経済!経済!
また化粧落としにコットンでふきとるとよく落ちます。だいたい2枚使うとサッパリします。あとがツッパることもありません。


そしてひそちゃんに評判良かったオイルがこれ
.ローズラブ
アロマオイルのメーカー、マギーティスランドの「アロマエステ スキンオイル RM(ローズラブ)」だいたい3千円前後でネットで買えます。すごくバラの匂いがするのでバラがニガテな人にはつけてしばらく気になるかもしれませんが、すぐ香は気にならなくなるます。
これは寝る前に化粧水を10円玉大くらい手に落とし、そこにオイル一滴たらして顔にぬらぬらします。後でぬめり気もなくいい感じです。冬は多めに使ったり、朝化粧するときに化粧水に一滴落として使ったりします。私のバアイ1本で10ヶ月以上使えます。
わたすはその上にランコムのUVエクスペールというのを化粧下地につけて、固形のファンデーションを使います。


一年中それで済ませてるのがいいのか悪いのか分かりませんが、お化粧にお金も時間もかかっていないのが大変気に入っております。化粧水とオイルはナニが入ってるか分かるので他の既製品より安全な気もします。あと、メーカー品は気に入りの商品がバージョンアップして使用感が合わなくなるとか、何の断りもなく製造をやめてしまうしなど、次々新商品が出て何がなんだか分からなくなるのですが、これなら何年経とうがいつもあって安心!安心!なのも気に入ってます。
また何種類ものローション・美容液・パックなんかを順番通りに使うというのも性格的にムリなのです。面倒くさくなるます。
美容やおしゃれには、高級感や優雅気分を重視という方には「けっ!」と思われそうなカッパのスキンケヤーですた!
posted by 青グリン at 12:31| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

姉妹で家族で大阪へ!

2月の木曜日、歌舞孤さんがトリさんきみどりくんが一家こぞって大阪に来ますた!
わたすと一家は国立民族博物館で落ち合うことにして、モノレールに乗って万博記念公園に行きますた。
自宅駅前で「一六タルト」を買って甘党のトリさんにお土産にしようと思っていたんですが、その日に限ってタルトがありませんですた!かわりの甘いものを選んでいたら手間取ってしまい、民博に着くのが遅くなってしまいますた。先に入って見ててね、と言っていたので一家はすでにイロイロ見ていたもよう。カブちゃんは何か仕事の電話をしていますた。民博に来たのも仕事で参考にするものがあったからですね。電話するカブちゃんカッコ良かったでしゅ。
トリさんは口数は多くないものの、常にニコニコしていて時々展示物のことでカブちゃんが話しかけると必ずナニか答えていますた。トリさんは博識ですたー!
きみどりくんは朝っぱらから大移動してきたのに疲れも見せず、民博見学してますた。コレハ攻撃もありますたが、あの年頃にしては展示物に手を出さず、ちゃんと鑑賞してるところがエラかったのでしゅ。
トイレでオムツ交換台に乗ったときにナゼがハイになってすまい、台のバーで頭を打ってすまいますた。ゴンッ。ああイタかった!
ツノがはえた展示物などはコワかったようで、コワいコーナーに来ると神妙な顔してますた。
お昼は民博のレストランに行って、4人とも別のものを注文して食べますた。カブちゃんはジャンバラヤ、トリさんは洋食のランチセット、きみどりくんはうどん、わたすはカレーセットですた。民博のエスニックメニューけっこういいですよ!
きみどりくんはエプロン付けられて真面目にうどんに取り組んでいますた。コドモ用皿フォークのお姫様の絵が気に入っていたもよう。料理が来るまでも、食後コーヒー飲んでる時も、食券の切れはしを配っては回収するなど(何度も何度も)、シゴト好きな一面も見せ、家業の戦力として活躍する日も近いと頼もしく思いますたね。ホントに両親がシゴトしてるとソバでカタログ開いたりしてるそうで、気持ちとしてはすでに共に働いてるようですからね。小さい子の家業のお手伝い、カワイイよう。きみどりくんが打ち合わせに行けば、見積もり高めに持って行ってもOKくれそうでしゅ。文句が出たらハの字まゆ毛で「う!」と半泣きになれば、発注先もあわてて言う事聞きそうでしゅ。
食後も民博をまわって、お土産屋さんを見てからわたすは一足先に民博を出ることに。
しかしお土産屋さんが前より物が少なくなっていたような気がしますた。遊園地が閉鎖されてる関係で、民博に来る人も減ってるのかな?と思いますた。わたすは民博が好きなので心配しますた。いつも来たら買いたくなるものがあるんだけどなーと、見てたら、いっこありますた!みどり色地に勾玉っぽい模様の布バック!でも値段が5千円以上したので手にとってすぐ戻しますた。3千円くらいのもんかと思ったけど。値段を見るまで「カブちゃーん、これええと思わへん?カワイイやろ?」と言っていたんですが「民博や思て、調子のった値段つけとるな」と言うとカブちゃんが笑いますた。
ひとりで外に出たら雨がポツポツ、急げっとモノレールに乗りますた。

そして梅田のホテルへ、ホテルで会ってホテルで別れる用事があったのだ。わたすの家のデンワ番号が男名前で書いてあるかどうかは知らんけど、ホテルのタダ珈琲飲み放題ルームでひそそかちゃんとルナおかんが待っていますた!ひそちゃんはマキシン帽でやって来ますた。大阪でのシゴトの書類はサササともう済ませたと言って、ニコニコ待っててくれますた。ひそちゃんがナゼ来たかはこちらをどじょ。その後の食事会もこちらをどじょ。
http://hiyorinrin.seesaa.net/article/83030791.html
http://ameblo.jp/sequester/entry-10071127955.html
http://ameblo.jp/sequester/entry-10071508862.html
http://ameblo.jp/sequester/entry-10072421486.html
そうゆうワケで野菜料理のお店で皆と夕飯を食べて、楽しかったのですた!
そしてまたわたすはひそちゃんとホテルに戻りますたー。カブちゃんも来て話せたら良かったんですが、トリさんを子連れ狼にして出てくるには、カブちゃんも移動で疲れていたはずです。カブちゃんまた今度ね。
そのホテルの部屋で隣からスンゴイ「ミャーミャーギャーギャー」声がして、一体なんのプレイかと固まりそですたが、赤ちゃんの夜泣きですたー。夜泣きって原因はイロイロ考えられるけど、ハッキリしたことは不明らしいですね。思わず調べてしまいますた。いやー、夜泣き赤ちゃんに付き合う親、大変じゃね。苦労がしのばれますた。
夜のおしゃべり、わたすはムンクの叫びみたいに顔が溶けそうなほど眠たくなってしまいますたが、シャワーでシャンプーしたらシャキーン!と目がさめますた。いろいろ濃いィ話題でうんと夜更かししてしまいますた。ひそちゃんは本当に話がしやすいの。楽しくない話も色々聞いてもらったけど、ほんとにありがとう。どんな話もちゃんと拾ってくれるし、思う事を分かってくれるから楽なのです。ひそちゃんの才能だと思う。遠方から来て、翌日もシゴトをはさんでの夜更かし、疲れなかったかな?また大阪おいでね。今度は焼肉行こう。

関西の姉妹たちへ
ひよちゃんは忙しいのに幹事など引き受けてくれてありがとう!イチゾウさんとすれ違い残念ですたね。今度子供連れて来られる遠足みたいなんしよう。またね!
きんぎょちゃんはいつもカッコイイ服を着てくるんやけど、この日も赤いセーターがよく似合っていますた!相変わらずナミヘーさんの話は腹イタイですた。草なんてペッペッ!
ルナさんはバーナビーちゃんを下さってありがとうございますた。ルナさんの作るクマ、民博のお土産屋さんで売るといいと思いますた。よく出来てて他のクマより断然味があるます!
姉妹じゃないけどイチゾウさん、駆けつけてくれてありがとうございますた。チョットだけでしたが今度またゆっくり皆で会いましょうね。

posted by 青グリン at 21:14| Comment(43) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ぎうぎうと夜はふけて

あいッ!今年最初の更新ですッ!
きんぎょちゃんひよりちゃんの記事でご存知の通り、ミニー大阪来日&ぺこちゃんを迎えて、関西オフ会がありますた。

とにかく大移動のミニラちゃんは、夕方新大阪着で翌朝は6時の新幹線で東京に帰ると言う事で、新大阪駅そばのホテルに一泊。そこにぺこちゃんとカッパも一緒に泊まることになりますた。

宿で先に集まったLunaおかん、きんぎょちゃん、ひよりちゃん、ぺこちゃん、カッパの5人組は、ホンマに狭い部屋やな〜、などとのん気にお土産を交換しあったりしていたのですた。
さっ、そこにコンコンとミニーちゃんがやって来た瞬間から、お部屋はミニラちゃんの怒涛のトークに満たされたのですた。タップンタップンもう満杯!「あなたは○○さんかすら?どうも初めますて、いつもお世話になってます」とか、初対面っぽく、オズオズと歩み寄るといったような面倒なことは踏み倒して、イキナリさっきからいた人のような雰囲気で、なじむことなじむこと・・・しゃべりつつ荷物を空けてワインを取り出し、くつしたに穴あいてないか確かめたり、しゃべるだけでなくジッとしてなんかいないのだ。はー、びっくりしたー。

その後てっちり屋さんでもどんなに豪快にしゃべり倒したかは、きんぎょちゃんとひよりちゃんのブログで読んでくだサイッ!
普段人の皿に食事を取るなんちゅう事はまずやらないわたすですが、あまりにしゃべって箸も手に取らないので、思わずミニーちゃんの皿に食べ物を取りよけてすまったホドですたっ!

てっちり屋さんであんまり食べなかったミニーちゃんでしたが、宿でワインを飲もうと一本持参してくれてたので、帰宅組のLunaおかん、きんぎょちゃん、ひよりちゃんを駅まで送ってお別れした後、宿飲みのときなんか食べるかなと思って、カッパはコンビニでおかき類を買って帰ったのですた。(宿でおかきを食べたのはわたすだけですた)
ゆるい雨が降ってて寒かった。
帰るとき横を歩いていたぺこちゃんが急に腕を組んできた。か、かわいい・・・。ぺこちゃんは見てても可愛い女の子ですが、こうゆうふうにピトッと寄ってきたりすると、なんだかとってもカワイイね。
おたくのアイドルっちゅうのが分かる気がしますた。おたく青年はみんなハアハアしてしまいそうです。

宿ではサッサと浴衣に着替えて三人は化粧を落とした。コットンで顔をふき取りながらなんか楽しかった。
さあ、楽になって飲みましょうと宿の歯磨き用と思われるコップにワインを注いでくれるミニーちゃん。カッパはお酒を何種類も飲むとしんどくなるのでさっきのてっちり屋さんではビール飲みませんでした。酒は夏の東京以来飲んでなかったくらい日ごろ酒類は摂らないのですが、ミニーちゃん持参のワインは飲みやすくておいしかったです。
それでも12時前には激しい眠気に襲われて、カッパは半分横に伸びており、浴衣じゃはだけてスースー具合悪いため持参した綿のズボンに着替えますた。しかしミニーちゃんのお仕事の話を聞きたかったので起きておれますた。ミニーちゃんシッカリしてるなー、すごいなーと感心したり、頼もしいなーと思ったりしながら大また開きで半分寝そべっていたの。
ぺこちゃんはミニーちゃんのお仕事の話でネットがらみの事になるとイロイロ意見を述べたりして、あんまり意味が分からなかったわたすは、とりあえず、そうかそうかウンウンと聞いていますた。ぺこちゃんは仕事の話になるとキリっとしてて、こうゆう所とカワイイ所、両面あるのが魅力的なのだ、ぺこちゃんはモテるだろうなーと、まったく別の感想を持って聞いていたのですた。
ミニーちゃんは反対に、大きな仕事の話も、ロンドンで服を買う話と同じ調子でするような人ですた。どっちも普通の調子でするし、どっちも楽しそうにするのだ。
イキイキしてて素敵な人ですた。
それで気の張ったところや気取るところのない人ですた。
だから一緒に居てくつろいで話が聞けますた。そう、話題は異性のことにも及んだのですが、楽しかった。
あまりにイロイロなことを聞いたため、何を聞いたのか今思い出せなくなってしまってるホドです。ポイントで絞れなくなっているのだ。
オープンな人に多いように感じるのですが、頭が切れて楽しんで暮らしてる人の息にふれて、私はとっても楽しかった。

それでも時間はどんどん過ぎる。ぺこちゃんがトイレに行った時時計を見たら3時半くらいになっていた。サスガに部屋の明りを消すことにしたが、わたすは寝不足では目がさめなくなる体質(目覚まし時計三つとケータイが鳴ってもグーグー寝てることがある)なため、今寝たら起きられなくなるという恐怖心もあってか、眠いの臨界点を超えたためか、眠れなくなってしまったのですた。
ミニーちゃんのベットからはやっぱり疲れたかグーグー寝息をたてている。わたすにつきあってぺこちゃんが話しかけてくれたから、モソモソと寝床から会話していた。お医者さんて自分の家族の執刀って出来るのかな?みたいな会話してたら「それはしないってよ」と突然ハッキリした声が、え!誰かもう一人おったっけ?と一瞬怖かったんですが、急にミニーちゃんが起きたのですた。つ、疲れてなかったのか?グーグー寝てたんとちゃうんか。いや、それからしばらくしたらまたグーグーしてますた。
ぺこちゃんとおかしかった。

そうやってモソモソとしてたら5時になり、ミニーちゃんとわたすは起きて6時に宿を出ますた。(ミニーちゃん寝たの1時間ちょっとくらいと思うのに、起きたら元気だった)
ぺこちゃんはその後もう少し大阪に残ったの。

ぺこちゃん何かと気を使ってくれてありがとう。有能で素敵な女の子です。また会おうね。

ミニーちゃん、大阪まで来てくれてありがとう。ロンドンから眺めたら、東京も大阪も近いのよ、交通も発達して便利だから、と言ってたけど、ブログで知り合った私たちと会うために時間をあててくれてありがとう。会えて良かった。

Lunaおかん、きんぎょちゃん、ひよりちゃん、関西組のまったり感が大好きなのだ。次回にむけてお互い体調整えておきましょうね。
関西外からくる人々がキョーレツなので、わたすたち気をシッカリ持って支えあってゆきましょう!(笑)


会うほど好きになるような人たちと知りあえたから、わたすホントにシヤワセ。



posted by 青グリン at 01:09| Comment(36) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

よいおとしを

一年って早いですね。
今年もお世話になりました。
来年もまた宜しくお願い致します。

安寧に!


よいとしきてね
posted by 青グリン at 08:23| Comment(31) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

「・・・・」ってなんやねん

8月末から入院中の父さんが、仮出所というかお試し外泊で実家に一泊するのできのう付き添った。
ウチの父さんはもともと口が重いほうなの。
塩分をうんと控えたごはんを作らなきゃいけないんですが、わたすのお料理ベタもあって、美味しくないんじゃないかと気になるワケ。
口に合うか聞いても「・・・ああ・・・。」
それ美味しいっちゅーことと?まずいっちゅーこと?「・・・いんや・・・。」
どっちやねん。
今、口が少々話しヅライって理由もあるにはあるんですが、一事が万事そうゆう調子なのだ。

おかあさんが寝付いた時だけは、本当にやさしく、よく話しかけていたし、おかあさんの事に関しては私ともマメに連絡をとってきて、もうウルサイほどだった。
ナースさん達とはちゃんと話すの。イイお爺さんとして結構人気があるのだ。
でも、私と共同目的がなくなったのか、今回入院したらまた口の重い爺さんに戻ってしまった。
私にだけ反応がニブイのだ。
今回、入院中いちどとっても具合が悪くなったのですが(本人も死ぬかと思ったみたい)、その時ハアハアしながら私に頼んだのが「宝くじ、見てない、引き出し、あるから、番号、見て・・・」
え!宝くじの番号見とくの?私にむかってナニか積極的に語りかけたのはそれくらいだ。
今日いっしょに見忘れてた宝くじの番号確かめたけどハズレてた。残念ですたー!

私の語りかけにだけ「・・・」で応える爺さん。なんとか言えや。
こんな爺さんもうイヤだ。キッ!

posted by 青グリン at 00:15| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

窓辺にもたれて

♪淡いたーそがれ、なだらかーな丘
 カーブを描いて、おまえのオデコを思いださせる
 Please stay Please stay 
 待っていーるのか オレの帰ーりを
 窓辺にもたれてー 髪にはあの日の 黄色いリボン
 Please stay Please stay 
 (元詩・三浦徳子)

ジュリーいいなー。
誰も帰ってこないにもかかわらず、この歌のようにカッパがもたれた窓。
ひそそかちゃんの窓が、もうすぐ閉まります。

カラカラ・・っと開けては、風を入れたり、陽を取り込んだり、淋しくこもった空気を逃がしたりしてた窓ですた。
夜開けることが多かったけど、実際私は起きてる間、真冬でも家の窓を開けてる事が多いので、夜の外気とひそ窓は本当にセットだったのです。
休日は午前中の日光と、外の葉っぱのきらめきを見ながら、ひそ窓も開いていた。
でも、閉まったひそ窓はピカピカに磨き抜かれて、またかえってくるはずなのでいいのです。
友人が何かしようと決めたら、止めないって決めてるの。
私のともだちはみんな賢いから、大事なことは間違えずに決定できると思っているからです。

ひそちゃんがいい家族を持ってること知ってる。
人にいじわるできないって知ってる。
おせっかいで底抜けに気が優しいって知ってる。
みんなにひそちゃんが愛されてるって知ってる。
ひそちゃんがみんなのことを大好きって知ってる。
多分みんなも知ってるから、安心して休んで、することしておいで。
いつでも遊びにこられるように、手帳は置いてある。

そんな窓を持つ、いつも敬愛してやまないひそちゃんなのだが、仲良くなってくるにつれ、ひそそかさまから、ひそそかちゃん、とオレはだんだん馴れ馴れしくなり、ある時は十勝花子と命名したり、ホンマはサタンだとつきとめたりした。いつしかひそやん、長屋のおかみさん、ひーやん、クラゲ、とズンズン呼び名を増やしてしまった。
窓閉め記念に、これまで呼んでなかった呼び名を贈りますね。

デコっぱち親分、いつもありがとう!

これからもよろしくお願いいたします。だってカッパは甘えんぼ!

ひそそかちゃんとひそそかちゃんに繋がる人たちが、安寧でありますように。

愛をこめて。カッパより。


posted by 青グリン at 23:49| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

地味な夜のカッパCD

秋ですねぃ。今日は気分を変えて、秋の夜長にカッパが聴いてるCDを紹介しよう。ちょっと誰かに口調が似てきても気にしないでね。
仕事でしくじったとか、子供がうるさくてかなわんとか、終わりのない家事にもーうんざりとか、彼氏が言うこと聞かなくて困るとか、もう離婚すんのじゃーとか、これって更年期?とか、そんな幾多の困難が女性の毎日には待ち受けているものなんだ。それら困難にブチ切れた友人が夜中に突然泊まりに来たら、この中の何枚かをウチで一緒に聴きながら、お菓子を食べることになるのだ。
そんなふうに、これまでカッパが夜中にウチで、音をしぼって聞いてきた音楽を紹介するよ。
たいていが10年来のつき合い、古いのは20年以上のつき合いなんだ。
青文字で試聴できるからね。もし今、ブチ切れかけの人がいたら、私のウチに来た気分で聴いてみてね。


では最初はロバータ・フラック(ROBERTA FLACK)
『Killing Me Softly』
Killing Me Softly.jpg
1.Killing Me Softly With His Song http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002J5U001001/
1/ref=mu_sam_ra001_001/249-9082039-9439526
動画 http://www.youtube.com/watch?v=4mpqXu0z3wU
年上のワケ知りの姐さんに優しく諭されてるような気分になる声。ネスカフェのCMで思い出す人も多いと思うけど、1曲目に入ってるKilling Me Softly With His Songは、やっぱりとってもいい曲。私は歌がヘタだから、こんなふうに「オーオ〜〜」とうなるだけでも素敵な声が出せたら、とっても気持ちがイイだろうなと思うんだ。

リーチェ(Lee tzsche)
『Asian Prescription』
asian prescription.jpg
試聴が貼れなくて残念。この人は韓国人アーティスト。もう何年前だったか、NHKのハングル講座のテーマ曲に使われていたので知った。このアルバムでは韓国語で歌うのは1曲だけで、あとは英語で歌ってます。ゼンブ好きなんですが3. OGIYODIORAはとってもいい曲ですよ。物静かな優等生みたいな感じの声をしてる人です。チョットも破綻したところがない感じがするの。曲調にどこか東洋の空気があるのですが、そこばかりをウリにせず、上手くイヤミなく洗練させています。森に真冬の韓国のピリピリする風が吹き抜けたような、乾いた清潔感がとても好き。

カーディガンズ(The Cardigans)
『Emmerdale』
The Cardigans.jpg
1.Sick and Tired
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B00000IB3P001001/
1/ref=mu_sam_ra001_001/249-9082039-9439526
動画 http://www.youtube.com/watch?v=8paAUN6lC3I
1曲目の Sick and Tiredは年下の若い友達が来て、カワイイ愚痴をしきりに訴えるような感じの曲です。自分と似たようなことを誰かが先に愚痴ってくれてると、かわりに言ってもらってるような、ヘンになごむ気分になることないですか?カーディガンズ聞いてると時々そんな感じがしてくるの。それと愚痴を訴えて愛らしく見えるのもニーナちゃんみたいな若いうちだけなのだ。四十過ぎたらウザがられるだけなのだ。言いなさい、言いなさい、今のうち。

チャカ・カーン(Chaka Khan)
『Chaka』
chaka.jpg
8. Woman in a Man's World
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002KJ4001008/
1/ref=mu_sam_ra001_008/249-9082039-9439526
不幸なのに陽気、苦労があるのに元気、そんな決してくじけない感じがする声。悲しい曲でもどこか笑ってるような声なのだ。この元気、一体どこからわいてくるのだ。歌が上手いという、実力に裏打ちされた自信があるからかなー。この姐さんは大型トラックに轢かれても、歌いながら起き上がってきそうな気がする。クヨクヨしたくない夜に聞く一枚。昼の掃除洗濯にも合うお得な一枚。映画ブリジット・ジョーンズの日記でも、ブリジットが男にフラれた腹いせに痩せる決心をした時、このCDを取り出していて親近感がわいた。そんな時景気付けに考えることは万国共通なのだ。それと、このアルバムの全体に古い感じが好きなのだ。エイズの心配も禁煙もダイエットもしなくて良かった時代の、大人の娯楽感があってイイのだ。

ジャニス・イアン(Janis Ian)
『Miracle Row 』
Miracle Row.jpg
分別があって、繊細で感じやすく、我慢強い学級委員長みたいな声だ。ヘンな冗談を言うと困った顔しそうな気がする。ダメダメ、こんな子を困らせたり傷つけたり出来ないわ。そんなマジメな気持ちにさせる曲が多いのだ。この人の独特なかげりは陰気さより賢さからきているような気がする。
8曲目の Will You Dance?は有名ですね。これは試聴が貼れなかったの。貼らなくても多分みんな知ってるね。名曲ですよね。

ニール・ヤング(Neil Young)
『After The Gold Rush』
After The Gold Rush.jpg
3. Only Love Can Break Your Heart
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002KD9001003/1
/ref=mu_sam_ra001_003/249-9082039-9439526
動画 http://www.youtube.com/watch?v=dEOnocP-A-0
顔や言葉に出したくない片思いをしてる時、これを聞くとヘンにジーンとくるのでキケンだ。恋人とケンカをしてしまった日の夜これを聞くと、思わず「明日自分から謝ろう」なんて思ってしまうのもキケンだ。この曲はなんだかそんな気持ちさせるのだ。
どんな曲を唄っても、この人は基本的にメソメソ声な感じを受けます。歌声まで男らしく汗臭いようなのはイヤなので、このメソメソ声がイイのです。メソメソと説得されるような感じ。このCDはいい曲が多いから好きな一枚。

シャーデー(Sade)
『Love Deluxe 』
Love Deluxe.jpg
5. Kiss of Life
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B0000028VD001005/1
/ref=mu_sam_ra001_005/249-9082039-9439526
美人なのに、既婚者にだまされて借金も作ってしまった。どうしてだかそんな不幸感が漂う声なのです。いや、実際は才能に恵まれたハッピーな人やろうと思うけどね。私はこの人の声も好きなんだ。試聴の曲は幸せな感じの曲なんですが、それでもビターの効いたチョコレートのような、甘味おさえめな味わいがするのは私だけでしょうか。気候のいい時季、ゆったりした気分の夜に聴くと、この苦味がとってもいいよ。これを聴いてる夜は、きっと悲しいことがなにもなかった日なのだ。いい晩なのだ。

キザイア・ジョーンズ(Keziah Jones)
『Blufunk Is a Fact!』
Blufunk Is a Fact!.jpg
11. Pleasure Is Kisses Within
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000003RZS001011/1
/ref=mu_sam_ra001_011/249-9082039-9439526
この人も「泣き」の声なのだが、悔し泣きなのだ。メソメソなんてしてナイのだ。たまに怒りながら泣いてる人みたいな声なのだ。ナゼかナゼか私はこの人が好きなのだ。アフリカ出身で留学したロンドンでデビューしたらしいけど、国ではボンボンだとか聞いた気がする。国を出てからちょっと苦労したみたいだ。最近ユーチューブで新曲のビデオクリップを見たけど、芸能人っぽく小洒落た作りにさせられていた。やっぱり芸能界やからイロイロせんとイカンのやな。腹筋がムキムキし過ぎず、いいカンジに引き締まって美しいので、やたら上半身を脱ぎたがるし、また見せるような演出のビデオであった。もっと素朴にイッてる感じの彼が好きなのですが、芸能界で汚れないで欲しいのだ。彼を変なふうにイジるのはやめてもらいたいものだ。他のアルバムも好きなんですが、試聴は特に夜むきのを貼っておいた。この曲好きなんだ。

ドゥルッティ・コラム(The Durutti Column)
『The Return of the Durutti Column 』
The Return of the Durutti Column.jpg
1. Sketch for Summer
動画 http://jp.youtube.com/watch?v=84kr0DcWieA
よそでも好きだ好きだと言っているのですが、本当に飽きない音楽。この1曲めのSketch for Summerを聴いたとき、一度でものすごくアタマに入ってきたのです。これも試聴が貼れなかったの。うまく書けないのですが、ひと目見てすぐこの人は好きになるなと、分かるような時があるじゃないですか(ないですか?)。そんな感じですぐ好きになってアタマから抜けなくなったのです。音楽は大抵チョット聴いたら好きかどうかすぐ分かるのです。これはあんまりやったけど、アルバム一枚聴いたらそのうち好きになってきたー、というのはあんまり多くない気がするのです。
チリもホコリも遠慮するような、明け方の澄んだ空気にとても合う音楽。何度見ても夜明けの美しさに見飽きたりしないところも、この音楽に似ている気がするの。


『Song for Everyone』
Song for Everyone.jpg
5. Song for Everyone
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B0000031SZ001005/1
/ref=mu_sam_ra001_005/249-9082039-9439526
インドのダブルネックバイオリンの奏者。シタールのラビ・シャンカールとは、もしかして同じ一族かもしれないのですが、この人はシャンカーと言う言い方されてます。試聴に貼った曲は彼がおかあさんに捧げた曲だったんじゃなかったかな。インドの現代音楽になるのですが、私はインドの音楽は古典的なほうが好きだと思っていたのだ。しかしコレはとっても好きになったのです。ラジオの民族音楽の特集で知ったんだと記憶してるのですが、昔はFMでLP一枚分流したりしてませんでしたか?当時舞踊を習っていたので民族音楽ってことで古典が聴けると思ってチェックしたのだろうと思います。
急いで寝なくてもいい、時間のある夜に、のたりのたりと聴きたい音楽なのだ。

ロン・ウッド(Ron Wood)
『I've Got My Own Album to Do』
I've Got My Own Album to Do.jpg
2. Far East Man
http://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002MSW001002/1
/ref=mu_sam_ra001_002/249-9082039-9439526
これは10代の頃LPで買ったのをCDで買いなおしたのだ。なんと言う長いつき合いなのだ。もう、好きとか飽きたとか言うのを超えて、古馴染みなので不義理しちゃ悪い状態なのだ。それでなんとなくかけてしまう。きっと夜中に合うからだ。なんだか合うの。


どうですか、みんなヨロヨロしますたか。私はゼンゼン音楽に詳しくないし、だいいち古いのばっかりですね。実は最近、音楽伝道師から授かった音楽がイロイロあって、新しくお気に入りになったCDがいっぱいあるのです。また今、もうじき届くのをこころ待ちにしてるCDもあったりするんですがね。敢えてこれまで長く残って頑張っている夜のCDばかりを書いてみたの。古いともだちみたいなCDに、ちょっと陽の目をあててみたの。
それと、たまには変わったことがしてみたくなったのだ。ペチッ!いしし。
それだけのことに付き合わされて読まされた人ごめんちゃい!
すたすたすた〜!

posted by 青グリン at 01:02| Comment(56) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。