2009年10月20日

ごめんねジロー、いまさらジロー

土曜日に山口、広島、岡山、から叔母さんが4人、父の見舞いにやってきました。
父は7人きょうだいで男が一人、その後6人妹が続いた、女系の家なのです(姉妹のうち二人は既に亡くなってます)。姉妹全員で会いにきて下さいました。
父と一番下の妹では年が18も離れており、お祖母ちゃんがいた頃は、まだ嫁ぐ前の叔母たちによく遊んでもらったり、面倒見てもらったりしてたため(嫁いだ叔母にも優しくしてもらいました)、私にも叔母たちとはたくさん思い出があり、久しぶりに叔母たちに会えて私も嬉しかったです。

うちの田舎の本家の敷地にお祖父さんのお墓があるのですが、父は関西に墓を買いました。お祖母ちゃんは亡くなる前に大阪によんだので、こっちで葬式もして、父が買った関西の墓に入ってます。
で、お祖父ちゃんもこっちに移そうかって話になったらしいのですが、ああゆうもんは勝手に開けてハイ入れ替えッ!という訳にはいかないようです。お寺をよんでどうこうしたり、抜いたあとの墓石の始末だとか、けっこうお金も手間もかかるらしい、ということで、「ま、祖父さんは自分の兄弟らと墓が並んであることやし、淋しくはないやろう。そのうちでええか」と、先送りにした挙句、忘れていたのでした。
それに本家は「お墓ここに置いといたらいいよ」と言うていたそうです。ところが、本家の人も代替わりしてゆきます。ここに置いといたらいいとか言ってた人がいなくなり、そんな話知らんで、という新しい世代の人にしてみたら、よく知らん人らの墓のお守りまで出来ないよーう。ということで、墓をどかせて欲しいという話になっているのだそうです。(あい、本家とか言って、自分ちに墓ばっかりいっぱい押し付けられるのは同情します。)
そしてお祖父ちゃんの兄弟たちが次々とお墓をよそに移していっており、本家以外ではうちのお祖父ちゃんのだけが残ってる状態らしいのです。うちも早よこっちに移さないかんゆうことですね。
父は大阪にいるので、その話は聞いてないらしいのですが、本家の近くにいる叔母さんにはその話がされているとのことでした。そうゆう事になってるなら、あやくあやくと父も急くかもしれません。
しかしこうゆう話は、カーテンで仕切った大部屋の病室で出来る話ではなく、また病気中で動きのとれない父に直接言うのも悪い気がする、ちうことで私にお話してくれたんですが・・・。

本家だの、墓だの、私の人生でこれまで考えたことも口にしたこともない話です。
叔母のひとりには、嫁ぎ先の方でも同じような話が出ているらしく、本家だの墓だのには全くげんなりしている様子でした。
「ホント、墓いらんよね。」
「お墓なんか、なかったらいいのにね。」
「墓がなかったら、きっと日本中の親戚からもめ事のタネひとつ減るよねー。」
「ワタシは海にでも撒いてほしいわ」
などと、叔母たちとうなずきあって話したのでした。

叔母たちは京都に泊まって翌日帰ってゆきました。
叔母たちを見てて「姉妹っていいな」と思っていたら、グリンちゃんは姉妹がいないから、困ったことがあったらウチに言ってきなさいね、と帰り際に言ってくれました。ちょっと泣きそうになりますた。
そんなこと言ってくれる人には心配させたくないものです。


叔母たちを見送って帰宅したら、団地の入り口に見慣れないものが。
お祖父さん色のカエル。なぜだか自分のお祖父ちゃんのような気がしますた。
いつもお祖母ちゃんのことは思い出しているのに、お祖父ちゃんのことは忘れがちでした。私が幼稚園の時亡くなったので思い出も少なく、お祖父ちゃんは損してます。私にとっても損した気がします。
お祖父ちゃんの名前はジロー。ごめんねジロー。
きんぎょちゃん、この先カエル画像につき見るな危険・・・続きを読む
posted by 青グリン at 22:04| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

娯楽の殿堂

カーテンを開けて陽の当たった床はポカポカ、なのに窓から入る風は乾いて爽やか、ああ秋ですね。夕方6時に暗くなるのはさみしいですが、快適な季節です。
そんな秋のとある休日、娯楽の殿堂、天満繁昌亭に落語を聞きに行ってきました。
さ、天神さんに向かって行くわよう。
天神さんに続いてます.JPG

あい、入り口です。軒からミストシャワーが出ています。ドライ・ミストなので霧にあたっても濡れません。でも涼しいんですよ。訪れた客には良いサービスと言えましょう。
繁昌亭入り口.JPG

本日の番組はどうなってますかね。あい、こうなってますよ。
繁昌亭本日の番組.JPG

私は休日が土日祝日にまったく無関係なため、この日も平日でした。昼寄席に行ったのですが、1時から4時ごろまでたっぷり10人の落語家さんの番組を楽しめます。それで2千円という価格は値打ちある気がします。

創作落語も古典も大好きです。この日は『貧乏神』が聞けました。『貧乏神』というはなしは、怠け者の男にとり付いた貧乏神が、男のあまりの怠けぶりに耐えかねて、貧乏神みずから働いて男を養い始めるという面白いはなしなんですが、貧乏神が男と別れて出て行くくだりは、落語家さんが上手いから、なんかホロっとさせるんです。話芸ですね。
繁昌亭に行った2日後に、朝5時ごろNHKで枝雀さんの「貧乏神」やってたんですが、そこは天才枝雀さんのこと、やっぱり笑わせてホロホロホロッとさせられました。それの解説を雀々さんがやっていたのが、師弟愛を感じさせてまた良かったんですよ(米朝一門会で雀々さんの落語を聞いて以来ファンになってしまいますた)。

私は落語に詳しくはないですが、落語は聞いて笑ってスッキリするところが大好きです。
この日は朝にお父さんからSOSが入ったので実家に寄り、落語はキャンセルするとこだったのですが、一緒に行く人のチケットも私が持っていたためキャンセルも出来ず、相手とランチの約束は破ってしまったけど、ぎりぎり開演に間に合って聞けました。

やっぱり聞いてスッキリしました。落語で笑うのは体によろしい。
せっかく平日に休みがあることだし、月にいっぺんくらいは通いたいと思いますた。
posted by 青グリン at 22:34| Comment(39) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

危険な夏休み

最近幼なじみのR恵と夕飯食べてきました。
どれくらい幼なじみかというと、小学校4年生からのなじみです。

当時親の社宅の3階と2階に住んでいたのですが、よく名前の出てるC美と同様、R恵とも交換日記をしていました。
ベランダに出て、「R恵ちゃぁぁぁ〜ん」と呼ぶと、R恵が「あいあい」と出てきます。そして3階から交換ノートに紐をつけて2階におろす、ということを好んでやっていますた。普通に玄関から行ってもいいのにね。そうゆうことが面白かったんですね。

R恵は学年はいっこ上でしたが、ものすごく気が合いました。
お互いの親もよく知ってるもんだから、一緒にご飯食べたり、泊まりに行ったりよくしたものです。
小学生の夏休み、泊まりに行って遅くまで布団の中でしゃべっていました。なんでそうなったのか分からないけど、ちょっと公園に行って夜から朝になるのを見ようってことになりました。そんなとこで必ず意見が一致する事が、そもそも気が合う証拠なのですが、今思うと危険なことです。お子様を持ちのお母様がたの「何さらすんじゃ〜」の大合唱が聞こえてきそうです。
しかし、お母様方の叫びも知らず、私たちは社宅の敷地内の公園の砂場に行きました。家族を起こしたら悪いから、そーっと家を出ましたが、怒られるとは考えてなかった気がします。アホですねー。
夜の砂場はひんやりとしてて、すごく涼しかった。近くにまだ田んぼが多かったから、カエルの声がすごく響いていたし、星も出ていた。
何を話したかは忘れたけど、流れ星を見たのを憶えています。でもR恵はUFOを見たと思っています。私はどっちでもいいけど一緒に見てラッキーと思っています。大人になってもあれはUFOやったかなーと、その話しが出ます。

当時24時間営業のコンビニもなく、夜は何もかも眠ってて、起きているのは自分たちだけ、みたいな気分になれたのです。夜の風は気持ちいいから、みんなもこんなことしたらいいのにネー、くらいのことを言い合ったかもしれません。そうゆう子たちだったのです。
夏は夜明けが早いから、空が白くなってゆくのを見て満足し、家に帰りました。いまだに夏の夜明けは大好きです。

好きだった漫画のニューキャラクターを考案したら、一等と2等にはアメリカ旅行が当たるという雑誌の企画があって、一枚のはがきに連名で応募したりもしました。アイデアを出し合って、私が絵を描きR恵が説明をつけました。ハズレたけど。

大人になってもお互いいろんな事があったけど、R恵には自分の根っこをガッチリ掴まれてるような気がしてなりません。キッ!
子が子なら親も親
posted by 青グリン at 23:21| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

フォー!



すごくファンだったわけじゃないけど、うちにもCDがあるマイケル。
訃報を聞いてから、いろんな動画を見たんですが、やっぱり見たら楽しかった。誰もこの人のようには踊れないし、この人のようには歌えないと思います。
ライブでは大勢の人を熱狂させていますね。

私はどんくさいですが、これでも昔は舞踊をやっていたのです。どんくさいなりの踊りなので10年近くやってもいっかな上達しませんでしたが、舞踊仲間に、もうイキナリ軽がる踊れる人というのがいました。
こっちは「なんでそんなふうに出来るの?」思うのですが、むこうにしたら「なんでこう出来ないの?」と出来ないほうが不思議なようでした。その人を見てると、いくらでも出来るし、踊ることが大好き、踊らずにいたら体が困る、くらいの感じを受けたものです。
舞踊は生まれついてのセンスがものすごく大きいと思い知りました。
マイケルさんも生まれついてのダンサーだと思うのですが、ここ数年は健康を損なっていたようでしたから、ダンスもあまり出来なかったのではないかと想像しますた。
みんなを熱狂させて踊るとき、自分も楽しかったかな。以前のように歌って踊りたくなかったかな。踊らなくて体が困ることはなかったかな。
タダ動画で、このダンスのキレを見せてくれてありがとう。
posted by 青グリン at 15:03| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

カッパの読み物


グロテスク〈上〉 (文春文庫)

グロテスク〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫



最近ともだちにも薦めた読み物、桐野夏生さんの「グロテスク」、これ面白かったんですよ。
米原万里さんが「落ち込んでるときは思いっきり陰惨な話でシンクロするのが一番だから。」と、ちょっとヘタッていた友人への処方箋として推薦してたので興味を持ったのです。読んでみて期待以上の読み味で満足しました。

実際あった事件が物語の下敷きにあるのですが(東電OL事件&事件を起こして有名になった宗教団体)、実際の事件を忘れて読んでも小説として充分力作でした。

出てくるのは4人の女性、物語の語り部的な女、名前も与えられていない「わたし」、「わたし」の妹の「ユリコ」、「わたし」の同級生「ミツル」と「和恵」です。

この4人が中高から編入した名門学園は、超裕福な家庭の子ばかり集まった、特権意識でまぶして油で揚げたような、ものすごい階級社会だったのです(一部に女が就職するのは恥だという価値観が未だに生きているような)。幼い頃から、どこでも丁重に扱われることに慣れきった子たちの、無邪気と言う名の無神経なふるまいと、他人に遠慮することを知らずに育った人たちの、正直すぎる差別意識にこの4人は晒されます。

そんな階級の壁を飛び越えられるただひとつの武器は、他人を圧倒するほどの美貌です。本人の努力と無関係な天然の財産ですね。スイス人と日本人の血をひく若いユリコは、ずば抜けた怪物的な美貌を持っています。
そんな武器のない者はどうやって乗り切るか。
ミツルは常に学年で一番の成績をキープする、怪物的学力を持っています。
和恵は父親の価値観を最上のものと信じ、父親の期待に応えることで自分を保っています。その父親がどんな勘違い男でも、和恵は、それを他の価値観とつき合わせて検証してみるなどということはしません。和恵自身も勘違いの怪物となって突き進みます。
そして語り部の「わたし」は、ハーフに生まれながら妹ユリコのような美貌には恵まれず、妹を羨み妬み続けます。これまで出来ると自負してた勉強も、学園に入ったとたんもっと出来るミツルのような生徒には追いつけない。和恵の言動の変さ加減にうんざりしている。そんな「わたし」がここでやっていくためには、人知れず心の中で怪物のような悪意を磨いて、斜に学園ライフを乗り切ろうと考えるのでした。
そしてこの語り部は、常に誰かの欠点を読者に言いつける語り部でもあります。

相手のことはよく見渡せるのに、自意識はおかしい。
人は自分のことが一番よく分かっていない、の見本市のような物語でした。
この4人の物語、グイグイ引き込まれてしまうのですが、中でも和恵のぶっ飛び加減は目を瞠るものがあります。「な、なんでそうくるかな〜?」「ど、どしてそっちに行くのさ〜?」の連続でした。「おおーい、もどってこーい!」と何度呼びかけたかった事か。
そしてそう思いながらも、あまりの勘違いぶりに何度も「プハッ!」と笑ってしまったのでした。和恵は学園内でも浮きまくるのですが、やっぱ浮くよな〜、やっぱ変だもんな〜と和恵を小バカにした目で見てしまう時、私は「わたし」と同じ、悪意の人になっているのだと思いました(社会人になってからの和恵は、もう浮くと言うのを通り越して、社内中がビビる存在にまで進化します)。

これは踏み絵のような小説でした。グロいだのエグいだの言われそうな4人のあり方ですが、私はこの4人を踏みつけたくないと思いました。
この小説を読んで「なんてバカな人たち。私は違う。」と思える人とは、私はあんまり仲良くなれないかも知れません。
自分を正しく知っていると、私にも言える自信がないからです。
自分の心の中にも小さな怪物は住んでいるだろうと思いました。
きっと、この4人の持ってる怪物は、怪物が大物すぎたのです。

posted by 青グリン at 13:06| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ライブ!

昨日はキザイアの大阪ライブに行ってきました。

おいでやす、キザイアさん

この感動、私には上手く書けません。
一晩で2公演、1公演が8500円と少々高くつきましたが、両方行って良かったです。やっぱり東京も行ったら良かった。

セカンドステージのほうが断然客のあたたまりが良く、キザイアも上着を脱いで腹筋見せてくれました。
ああ、ライブパフォーマンスの素晴らしさ、あの楽しさをやっぱり上手く書けない、だから自慢だけしときます。セカンドの退場時ステージから握手してもらいました。右手で握手してくれました。そしてアンコールの入場時また握手してもらいました、今度は両手で握手してくれました。(泣)
こんな才能あるミュージシャンのライブに来られて、本当に良かった。
これまでで一番だ。
ギター、ベース、ドラムのシンプルなトリオで豪華なライブを見せてくれました。ありがとうキザイア、ありがとうメンバー。

メンバーさんもおこしやす.JPG

本当はやっさんみたいに、曲のこととか書きたいんだけどね。どんなふうにギターを弾いたとか書きたいんだけどね。あまりにも嬉しいと私は言葉がなくなってしまいますね。
ゆうべからニヤニヤしてます。

追記

ひそそかさん要望のTシャツ写真、プリントデザインはこうでし
ナイジェリアン・ウッドTシャーッツ!.JPG

フラッシュで色味がしろっぽくなってすまいますた。実際のカラーはこうでし
ナイジェリアン・ウッドTシャーッツ!色見本.JPG

横の額縁はペルー人の絵描きさんの絵です。買うときは気が付いてなかったけど、あとでキザイアにちょっと似てるなと思いますた。
玄関から見えるとこに掛けています。この絵は我が家のハンサムな用心棒なのでし。

posted by 青グリン at 23:20| Comment(30) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

カッパのスター三面鏡

前回、yasさんに羨ましがらされた限定盤・三面鏡仕立てのキザイア、譲ってもらいますた。もの欲しそうにしたのが効果あったのか、あんなに言われたら譲らざるを得んようなったんか、どちらにしろ、掘り上手で親切なやっさんのお陰で、この素晴らしいCDを入手出来ますた。ありがとう、ありがとう。やっさんよありがとう。

さ、さ、これでし、これでし。イソイソと取り出しますた。
キザイア三面鏡仕様.
おお、豪華。紙製のケースに、歌詞カードに、三面たたみのCDケースは、開くと全身写真で、まるで昔の平凡や明星の付録にあったアイドルポスターのようでし。いいぞいいぞ。

韓国スターの来日のように、さっそくファンミーティングをしましょうね。
三面鏡ファンミーティング.JPG
ワラワラと集まったファンのみなさんでガヤガヤと賑わっています。
人気の高さがうかがえますね。最近引越してきたルナさんのグリン・ベアーも駆けつけますた。アラ、あなた押さないで、キッ!もっと前で見たいの、キッ!ケンカしないでよ、キッ!

みんな、いつも応援ありがとう
笑顔がキラリ。男前です。カッパに似てます。


この限定盤は、デモ用CDの付いた2枚組みなのですが、デモ用の10曲がヒジョーに気に入りますた。ラフでシンプルでカッコイイのです。本編よりツボに入りそうでし。英語じゃない言葉で歌ってるのは、多分ヨルバ語かなと思うのですが、なかなかいいのです。
限定盤、わたすにはヒジョーに値打ちがありますた。
ウレシイので自慢しますた。今日も聴いて寝よ。おやすみ。


posted by 青グリン at 00:03| Comment(20) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ナイジェリアの木

キザイア、キザイアうるさいんじゃカッパの奴め、ケッ!とお思いの皆さんも多いことやと想像しますが、わたすは気になんかしませんよ。来日も決定して今わたす「春のキザイアまつり」だからです。

キーネ申さまの公演日、リサイタルの後で梅田駅のCD店(遅くまで営業してるんですね!)で新譜を購入できますた。よかった、発売日に買えて。日本は発売が遅かったので、よっぽど輸入版買おうかと思ったのでしが、やっさんがボーナストラック付いてると教えてくれたのでガマンしてたのでし。ああ、あやく聴きたかったでしよッ!

さ、↓これですよ。ジャケ写真がステキでし。ヒザから下が長くてまっすぐなのでし。歌詞カードも20ページくらいで写真がたくさん入ってます。フォトグラファーは何人かいるみたいですが、どれもいい写真ですた。

NIGERIAN WOOD
51mI21EYuiL._SS500_[1].jpg

マイスペースを貼り付けましょうね。NIGERIAN WOODの曲が試聴できますよ。わたす親切ですね、え、嫌がらせみたいって?おほほ、なんと思われてもわたすは気にしませんから大丈夫。カッコイイ動画や写真を見られるので、私はヒマがあると入り浸り中なのです。
あい、こちらでし、どうぞ→http://www.myspace.com/keziahjones

今、キザイアはロンドン・故郷のラゴス・ニューヨークの3都市を行ったり来たりして暮らしてるそうです。ナイジェリアのヨルバ族出身のキザイア、アルバムタイトル曲の「ナイジェリアン・ウッド」はもちろんいい曲なんですが、「ラゴスVSニューヨーク」や、「マイ・ブラザー」と言う曲は、アフリカ人の彼が歌うから沁み〜っと沁みてくるものがあります。
『俺なしでは、ナイジェリア人の知り合いなんて存在しなかっただろう?』とか『俺たちは悲しみにたかって生きてるんだ』なんて歌詞があるのです。しかし彼の声とギターで歌うと、湿っぽくならず届いてきます。外に向かって大声で文句を怒鳴るタイプでなく、じっくり内省するタイプの人のつぶやきとでも言いましょうか。でも好きなのはそうゆうとこだけじゃありません。発売日を待ちわびるほど聴きたくなるのは、やっぱり音楽で圧倒されるからです。私にはどの曲も文句なくカッコいいのでし。
自分の部屋に彼の声と音楽が流れていると、非常に私の精神衛生によろしいのでし。どうして私は、こんなに彼を好むのか自分でもよく分かりません。好きって謎ですね。
今回の新譜は、アメリカのヒップポップ系の人がプロデューサーだとかで、日本版ボーナストラックには「マイ・カインダ・ガール」のDJメディ・リミックスとなっていましたが、ヒップホップ系があんまり好きでない私にも、これはいいかなと思えました。だけど本当はアコギ1本バージョンとかのほうが、私としては聴いてみたかったかナ。ま、おまけの曲にケチをつけるのはそれこそケチくさい事なので、これもいいとします。

この人のアルバムはそれぞれいいところがあって、全部好きなんですが、このアルバムもまた愛聴したおす1枚になりました。今、ナイジェリアン・ウッドが耳の中でいつも鳴っています。

6月のはじめごろ、帽子を右下がりにかぶって、ギターを持ったカッコいいナイジェリア人を見かけた日本住民は、必ずその人に親切にしましょう。年に1回くらいは日本においで下さいと言いましょう。
それか、ニューヨークはやめて、ロンドン・ラゴス・オオサカを拠点になさってはいかがでしょうかと、謹んで申し上げましょう。

ナイジェリアの森に、いつか行ってみたいです。



posted by 青グリン at 22:41| Comment(34) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

たまごたて

友人のルナさんのエッグスタンドのコレクションを見て、うちにもいっこだけエッグスタンドがあったのを思い出しますた。
かわいいと思って購入しますたが、一度も使用してませんですた。
あじめて使いますよ。さ、アヒルちゃん、どーぞ!
アヒルたまごたて.JPG

今日まで無視してごめんね。
アヒルからカッパへ.JPG
こうしたら、カッパに似ていい感じ。
さ、今月中に更新できてよかった、よかった。

追加・ルナさんが横うしろのプロポーションを見たいと言われるので・・・
アヒルズラなし.JPG
わたす、アヒルの水兵さんなの。
やっぱりズラかぶろ
アヒル、かっぱズラ横顔.JPG
おほほ。カッパの水兵さんなの。
アヒル、かっぱズラ後ろ.JPG

追加の2
ホラホラ、ブロッコリーやで。
アヒル、ズラ、ブロッコリ.JPG

今日、実家近くのスーパーで見たおつとめ品
おつとめ品大特価.jpg
「こんな私でよつかたら」だって、わたすはヒジョーに誤字脱字が多いでしが、これはもう、生まれ育った地元の風土病なのだと思いますた。
posted by 青グリン at 22:32| Comment(40) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

やっきーいも

やさしく今日はわたしがおいしい洋菓子を作りましょうねと提案して、父ちゃんに拒否られたカッパでし。
みなさん、妙に暖か過ぎる冬の日曜日、いかがお過ごしですか。こんな暖かくって、地震でもくるんじゃないけ?と、わたしはひとり気をもんで過ごしますた。
そんなアンニュイな冬の昼下がり、欠かせないのがやっぱり石焼きイモ。
わたしの行き付けのステキな石焼きイモ店は駅前の酒屋さん。リカーショップ○○。このステキなリカーショップは店舗の3分の1くらいのスペースで小粋なスタンドバーもやっている。立ち呑みとも言う。そのまたさらに隅っこに石焼きイモ機を置いて冬はラテン系の焼きイモソングをかけるのだ。♪やっきーいも、オーレ♪みたいなうた。こうゆうの聞くとふつう誰だってサルサのステップで買いに行きたくなると思うの。ウフッ!ちょっとお値段高めだけど、長くてぶっとくて割るとまっ黄色の甘いイモなので、半分コして明日も食べるとかするといい。こうゆのが生活の知恵だ、エライぞ自分。ところがだ、行きつけの石焼きイモ店が閉店の憂き目に。キッ!なにもかも不況のせいだ。
さよなら、やっきーいも。チャカポコしたあの曲すきだったのにね。

posted by 青グリン at 23:59| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。