2009年08月25日

危険な夏休み

最近幼なじみのR恵と夕飯食べてきました。
どれくらい幼なじみかというと、小学校4年生からのなじみです。

当時親の社宅の3階と2階に住んでいたのですが、よく名前の出てるC美と同様、R恵とも交換日記をしていました。
ベランダに出て、「R恵ちゃぁぁぁ〜ん」と呼ぶと、R恵が「あいあい」と出てきます。そして3階から交換ノートに紐をつけて2階におろす、ということを好んでやっていますた。普通に玄関から行ってもいいのにね。そうゆうことが面白かったんですね。

R恵は学年はいっこ上でしたが、ものすごく気が合いました。
お互いの親もよく知ってるもんだから、一緒にご飯食べたり、泊まりに行ったりよくしたものです。
小学生の夏休み、泊まりに行って遅くまで布団の中でしゃべっていました。なんでそうなったのか分からないけど、ちょっと公園に行って夜から朝になるのを見ようってことになりました。そんなとこで必ず意見が一致する事が、そもそも気が合う証拠なのですが、今思うと危険なことです。お子様を持ちのお母様がたの「何さらすんじゃ〜」の大合唱が聞こえてきそうです。
しかし、お母様方の叫びも知らず、私たちは社宅の敷地内の公園の砂場に行きました。家族を起こしたら悪いから、そーっと家を出ましたが、怒られるとは考えてなかった気がします。アホですねー。
夜の砂場はひんやりとしてて、すごく涼しかった。近くにまだ田んぼが多かったから、カエルの声がすごく響いていたし、星も出ていた。
何を話したかは忘れたけど、流れ星を見たのを憶えています。でもR恵はUFOを見たと思っています。私はどっちでもいいけど一緒に見てラッキーと思っています。大人になってもあれはUFOやったかなーと、その話しが出ます。

当時24時間営業のコンビニもなく、夜は何もかも眠ってて、起きているのは自分たちだけ、みたいな気分になれたのです。夜の風は気持ちいいから、みんなもこんなことしたらいいのにネー、くらいのことを言い合ったかもしれません。そうゆう子たちだったのです。
夏は夜明けが早いから、空が白くなってゆくのを見て満足し、家に帰りました。いまだに夏の夜明けは大好きです。

好きだった漫画のニューキャラクターを考案したら、一等と2等にはアメリカ旅行が当たるという雑誌の企画があって、一枚のはがきに連名で応募したりもしました。アイデアを出し合って、私が絵を描きR恵が説明をつけました。ハズレたけど。

大人になってもお互いいろんな事があったけど、R恵には自分の根っこをガッチリ掴まれてるような気がしてなりません。キッ!
子が子なら親も親
posted by 青グリン at 23:21| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

フォー!



すごくファンだったわけじゃないけど、うちにもCDがあるマイケル。
訃報を聞いてから、いろんな動画を見たんですが、やっぱり見たら楽しかった。誰もこの人のようには踊れないし、この人のようには歌えないと思います。
ライブでは大勢の人を熱狂させていますね。

私はどんくさいですが、これでも昔は舞踊をやっていたのです。どんくさいなりの踊りなので10年近くやってもいっかな上達しませんでしたが、舞踊仲間に、もうイキナリ軽がる踊れる人というのがいました。
こっちは「なんでそんなふうに出来るの?」思うのですが、むこうにしたら「なんでこう出来ないの?」と出来ないほうが不思議なようでした。その人を見てると、いくらでも出来るし、踊ることが大好き、踊らずにいたら体が困る、くらいの感じを受けたものです。
舞踊は生まれついてのセンスがものすごく大きいと思い知りました。
マイケルさんも生まれついてのダンサーだと思うのですが、ここ数年は健康を損なっていたようでしたから、ダンスもあまり出来なかったのではないかと想像しますた。
みんなを熱狂させて踊るとき、自分も楽しかったかな。以前のように歌って踊りたくなかったかな。踊らなくて体が困ることはなかったかな。
タダ動画で、このダンスのキレを見せてくれてありがとう。
posted by 青グリン at 15:03| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

カッパの読み物


グロテスク〈上〉 (文春文庫)

グロテスク〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫



最近ともだちにも薦めた読み物、桐野夏生さんの「グロテスク」、これ面白かったんですよ。
米原万里さんが「落ち込んでるときは思いっきり陰惨な話でシンクロするのが一番だから。」と、ちょっとヘタッていた友人への処方箋として推薦してたので興味を持ったのです。読んでみて期待以上の読み味で満足しました。

実際あった事件が物語の下敷きにあるのですが(東電OL事件&事件を起こして有名になった宗教団体)、実際の事件を忘れて読んでも小説として充分力作でした。

出てくるのは4人の女性、物語の語り部的な女、名前も与えられていない「わたし」、「わたし」の妹の「ユリコ」、「わたし」の同級生「ミツル」と「和恵」です。

この4人が中高から編入した名門学園は、超裕福な家庭の子ばかり集まった、特権意識でまぶして油で揚げたような、ものすごい階級社会だったのです(一部に女が就職するのは恥だという価値観が未だに生きているような)。幼い頃から、どこでも丁重に扱われることに慣れきった子たちの、無邪気と言う名の無神経なふるまいと、他人に遠慮することを知らずに育った人たちの、正直すぎる差別意識にこの4人は晒されます。

そんな階級の壁を飛び越えられるただひとつの武器は、他人を圧倒するほどの美貌です。本人の努力と無関係な天然の財産ですね。スイス人と日本人の血をひく若いユリコは、ずば抜けた怪物的な美貌を持っています。
そんな武器のない者はどうやって乗り切るか。
ミツルは常に学年で一番の成績をキープする、怪物的学力を持っています。
和恵は父親の価値観を最上のものと信じ、父親の期待に応えることで自分を保っています。その父親がどんな勘違い男でも、和恵は、それを他の価値観とつき合わせて検証してみるなどということはしません。和恵自身も勘違いの怪物となって突き進みます。
そして語り部の「わたし」は、ハーフに生まれながら妹ユリコのような美貌には恵まれず、妹を羨み妬み続けます。これまで出来ると自負してた勉強も、学園に入ったとたんもっと出来るミツルのような生徒には追いつけない。和恵の言動の変さ加減にうんざりしている。そんな「わたし」がここでやっていくためには、人知れず心の中で怪物のような悪意を磨いて、斜に学園ライフを乗り切ろうと考えるのでした。
そしてこの語り部は、常に誰かの欠点を読者に言いつける語り部でもあります。

相手のことはよく見渡せるのに、自意識はおかしい。
人は自分のことが一番よく分かっていない、の見本市のような物語でした。
この4人の物語、グイグイ引き込まれてしまうのですが、中でも和恵のぶっ飛び加減は目を瞠るものがあります。「な、なんでそうくるかな〜?」「ど、どしてそっちに行くのさ〜?」の連続でした。「おおーい、もどってこーい!」と何度呼びかけたかった事か。
そしてそう思いながらも、あまりの勘違いぶりに何度も「プハッ!」と笑ってしまったのでした。和恵は学園内でも浮きまくるのですが、やっぱ浮くよな〜、やっぱ変だもんな〜と和恵を小バカにした目で見てしまう時、私は「わたし」と同じ、悪意の人になっているのだと思いました(社会人になってからの和恵は、もう浮くと言うのを通り越して、社内中がビビる存在にまで進化します)。

これは踏み絵のような小説でした。グロいだのエグいだの言われそうな4人のあり方ですが、私はこの4人を踏みつけたくないと思いました。
この小説を読んで「なんてバカな人たち。私は違う。」と思える人とは、私はあんまり仲良くなれないかも知れません。
自分を正しく知っていると、私にも言える自信がないからです。
自分の心の中にも小さな怪物は住んでいるだろうと思いました。
きっと、この4人の持ってる怪物は、怪物が大物すぎたのです。

posted by 青グリン at 13:06| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

たまごたて

友人のルナさんのエッグスタンドのコレクションを見て、うちにもいっこだけエッグスタンドがあったのを思い出しますた。
かわいいと思って購入しますたが、一度も使用してませんですた。
あじめて使いますよ。さ、アヒルちゃん、どーぞ!
アヒルたまごたて.JPG

今日まで無視してごめんね。
アヒルからカッパへ.JPG
こうしたら、カッパに似ていい感じ。
さ、今月中に更新できてよかった、よかった。

追加・ルナさんが横うしろのプロポーションを見たいと言われるので・・・
アヒルズラなし.JPG
わたす、アヒルの水兵さんなの。
やっぱりズラかぶろ
アヒル、かっぱズラ横顔.JPG
おほほ。カッパの水兵さんなの。
アヒル、かっぱズラ後ろ.JPG

追加の2
ホラホラ、ブロッコリーやで。
アヒル、ズラ、ブロッコリ.JPG

今日、実家近くのスーパーで見たおつとめ品
おつとめ品大特価.jpg
「こんな私でよつかたら」だって、わたすはヒジョーに誤字脱字が多いでしが、これはもう、生まれ育った地元の風土病なのだと思いますた。
posted by 青グリン at 22:32| Comment(40) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

やっきーいも

やさしく今日はわたしがおいしい洋菓子を作りましょうねと提案して、父ちゃんに拒否られたカッパでし。
みなさん、妙に暖か過ぎる冬の日曜日、いかがお過ごしですか。こんな暖かくって、地震でもくるんじゃないけ?と、わたしはひとり気をもんで過ごしますた。
そんなアンニュイな冬の昼下がり、欠かせないのがやっぱり石焼きイモ。
わたしの行き付けのステキな石焼きイモ店は駅前の酒屋さん。リカーショップ○○。このステキなリカーショップは店舗の3分の1くらいのスペースで小粋なスタンドバーもやっている。立ち呑みとも言う。そのまたさらに隅っこに石焼きイモ機を置いて冬はラテン系の焼きイモソングをかけるのだ。♪やっきーいも、オーレ♪みたいなうた。こうゆうの聞くとふつう誰だってサルサのステップで買いに行きたくなると思うの。ウフッ!ちょっとお値段高めだけど、長くてぶっとくて割るとまっ黄色の甘いイモなので、半分コして明日も食べるとかするといい。こうゆのが生活の知恵だ、エライぞ自分。ところがだ、行きつけの石焼きイモ店が閉店の憂き目に。キッ!なにもかも不況のせいだ。
さよなら、やっきーいも。チャカポコしたあの曲すきだったのにね。

posted by 青グリン at 23:59| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

えべっさん経由でマニラ着

寒いですね。みなさんお元気ですか。
この寒い中、おとついミニラちゃんが大阪に来ました。
海外出張に関空を利用する事を口実に、関西の皆に顔を見せに来て下さったんです。実はやっさんもライブおっかけで関西入りしており、皆で梅田にお昼ご飯を食べに行きました。ルナさん・きんぎょちゃん・やっさん・ミニーとおいしいカレーを食べてきましたー。この日はひよりちゃんだけが、ひよ子ちゃんの受験日にあたっており不参加となってしまったんですよ。頑張れー!
カレー屋サンで食後もお茶をとってゆっくりおしゃべりした後、3時にひとまず解散。ルナさんは用事に、やっさんはライブの会場にと去ってゆきました。

きんぎょちゃん、ミニー、私、の3名はそこから天神さんへ行き、受験中のひよちゃん親子の合格祈願をしてきました。あわせて他に受験する子たちや、界隈の子供さんの学生生活が実りあるものになるよう祈願祈願。ガラガラガラッ!パンパン!
きんきん&ミニーガラガラパンパン.JPG
天神さんは牛と仲良しなのか、石の牛が設置してあり、しきりに頭をなでててる方がおられて、私らもマネをしておきますた。鼻の穴にチョキを入れたりもしました。
ぷちゅん.JPG


そして天神さんから商店街を歩いて戎神社に移動。おお。ここは商売繁盛の神様、ミニーの事業繁栄を願って、またもやガラガラガラッ!パンパン!ミニーは売店でえべっさんステッカーを購入。金庫や帳簿に貼っておく福招きのシールです。ああ、会社が発展しますようにッ!
ここに来る道中、大塩平八郎の碑があって、大塩の乱の人や〜、ときんきんとミニーが盛り上がっていました。私、大塩の乱ってなんやったけ?と内心まったく分かってなかったんですが、とりあえずホンマやね、大塩やね、と一応口は合わせておきますた。あとでどんな人やったか調べておきましたよ。賢くなりましたー。
偶然見つけたインド雑貨店で私はカバンを衝動買い。ミニーは貯金箱を購入してました。

そしてそして、そこからまた梅田にプラプラ歩いて戻ることにしました。一駅くらいの距離だしね。そこでお初天神通りに着いたので、ここは縁結びの神様があるとこやん?おお、寄って行こやないけ、ああ、寄っていかなアカンやんけ、ということで、ラブラブ結婚してるきんきん以外の2名は良縁を祈願。3発目の神社でまたガラガラガラッ!パンパン!
きんきんも一緒にお願いしてくれたから、強力な祈願となった事まつがいあるません。
この通りには昔っから営業してるアダルトグッズのお店があり、私が小学生のころからショーウィンドーにニシキヘビの剥製が飾ってあって、それを見ながら歩きました。これずーっとあるのよ、とミニーちゃんに説明しますた。

よく歩いたしお茶しようと、コーヒーを飲んで、少しおしゃべりの後、きんきんはお家に帰ってゆきました。夕食一緒にどう?って誘ったんだけどね、お家でナミヘーさんと食べるんだってよ、どうです、奥さん、10年経ってもこのラブラブぶり。
そんな訳でミニーと私は電車で一駅の韓国料理店密集地帯まで移動。
思いっきり焼肉食べました。豚の三枚肉。うまかったー。
お酒はミニーがマッコリが好きってことで、ボールにイッパ〜イ入ったものを頼んで飲みました。わたしはコップに一杯をちびちびと、ミニーはボールをゼンブ飲んでもケロリとしてました。
脂っこい焼肉のあと、私は必ずビビン冷麺で締めるのですが(これだけは外せないのだ)、辛いのが胃にこたえるミニーは少々、辛いの大好物の私がガンガン食べました。おいしかった。この店のビビン冷麺が私は一番好きなのだ。
この店のある通り、夜の飲食店街の灯りが寒い季節によく合って、なんとなく好きなんだ。ミニーもこうゆうとこ好き〜ってことで良かったです。在日の人の多い一角で、肩を寄せ合って商売してる雰囲気も暖かい感じがするのかも知れませんね。

それからミニーと帰宅。家に一泊して翌朝6時にミニーは出発です。
5時半に起きることに。朝わたしのベットのそばに誰か立ってゴソゴソしてるので目覚めました。私の目覚まし音を止めに来たミニーが、時計がいっぱい置いてあるので、どれを止めたらいいのか困っていたもよう。

ミニーちゃん、ほんとうに何のもてなしもせず、寝て行っただけになりましたが、来てくれて本当にありがとう。知的で天然。くつしたがやぶれかけでも気にしない、大らかなあなたが大好きだー。
今回のフィリピン、いい出張してきて下さいね。パンパンッ!


posted by 青グリン at 12:27| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

いつか花さく

気温が一定以下に低くなるのを待って、秋に買ったヒヤシンスの球根の水栽培始めますた。
根っこが出るまでは暗いところに置いておく。黒いビニールがなかったので、本屋の袋でスカートを巻いて玄関の下駄箱の上に置きますた。
球根はじめますた.JPG


それから数週間で芽がニョキっとしてきますた。ベランダに持ってきますた。
この芽ばえ時いつも、ぷちっと指でもいでみたい誘惑にかられます。ハアハア。
球根ピンク.JPG


こうなると根っこも出て来てるので、スカートをとりますからね。
球根スカートとりますた.JPG

ピンク、しろ、きいろ、の順番で芽がよく出てる。咲いたら香りが一番強いのはしろです。
球根がんばれ.JPG

芽の伸びるところは、見ててかわいいものです。暗い地下で根をはる時のように、初めは暗くしておく、シッカリ寒さにあてる、などの期間を経験していいによいの花が咲きます。受験する子たちがほっとしてる頃かな。受験生がんばれ。

毎年クリスマスに家によんでくれる親友がいるのですが、私の都合を聞いてからケーキの予約日を決めてくれる優しい一家なのです。もう少し育ったら、どれか一鉢その子にあげよう。一番香りのいいしろが、一番姿よく育ったら、あげるのにいいのになと思います。

posted by 青グリン at 13:39| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

綿入れものがたり

寒くなりましたね。ぶるぶる。
冬の部屋着と言えば、綿入れ半纏。もうこれ一本ヤリで通してきたわたす。
思えば中学生の時オカンが買ってくれた一枚が、とても気に入って以来、それを長年愛用してきますた。
自分で言うのもなんですが、これは柄と色がすごく顔うつりよく、私にはよく似合っておったのです。
それに着続けてイイ感じにクタクタしており、着て重くなく、これで電気じゅうたんの上に座ってると、暖気が半纏の中にこもり、カマクラのように(カマクラって入ったことないけど)温かいのです。


愛用の一枚.JPG


しかし、長年着たためにアチコチ傷んできてしまい、そこかしこに繕いを入れていたのですが、この何年かはシーズン後にクリーニングに出す度に、表生地自体がもう全体に薄くなってきているのを感じるのですた。もう引退させなきゃいけないかすらと淋しい気持ち。オロロン。30年もありがとう。

カドや端はほぼ全部修繕の手が入っています。
繕いだらけ.JPG

袖口も生地が薄くなってミジメ。
袖も、ももけて.JPG


それで2年くらい前から、新しい愛用の一枚を探して、これはいいかな?と思うものを試しています。

続きを見る・・ウインター2008、カッパの部屋着コレクション
posted by 青グリン at 23:02| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

昼食後

色がきれいね

先週のお昼、空港でとんかつを食べました。ひよちゃんと二人オフ会でした。
食後はお茶を飲んで、あんまり大勢じゃしないような身内の話題で、語らいのひと時を。楽しかったです。
ひよちゃんがプリン色のバスに乗って帰るのを見送った後、少し屋上を散歩しました。
家具店と園芸店をのぞいて、花壇を見て帰りました。
これは琉球朝顔かな、私はラッパ型の花の中をのぞくのが好きなのです。
自分がミクロ決死隊の隊員なら、この中に飛び込んでみたいと思うでし。
posted by 青グリン at 22:37| Comment(35) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

甘いものが好きだ

きのう百貨店の北海道物産店に行った。
電車の吊り広告に出ていたケーキに心を奪われたからだ。
仕事帰りに行ったら、すごく混んでいた。
ケーキはフラノデリスの「フラノふらん」、はじめて食べた。おいしかったでしー!
ふらん.jpg

今日は職場で休憩時間に、京都の小松屋の栗大福をもらった。
はじめて食べた。おいしかったでしー!
栗の大福.jpg

昨日は百貨店でヒヤシンスの球根をみっつ買った。
気温が20度下回ったら水栽培します。ヒヤシンスが咲くと部屋中いいによいが充満する。
甘いものを食べて、ときどき花を買う。
そんな程度で済むストレスなら、おおむね順調な毎日と言えるでし。

あ。写真はよそからとってきたでしよ。

posted by 青グリン at 23:39| Comment(60) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

ジュリー

昨日の夜からジュリーが再びマイ・ブーム
ジュリー、はじめてファンになった芸能人。
うんと古いのを探してみた。はじめて見る画像がいっぱい。
ジュリーの好きなカブ子さんにも分けてあげたい。どうぞ。

ジュリーを見る
posted by 青グリン at 22:10| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

ある大物の問いかけ

関東から超大物来たる。と、ひよりちゃんから緊急メールが入りますた。
これはもう万障繰合せて行かねばなるまい。
その時、店はどこにするのか。何を食べるのか。なのか、なのかと相談し、かっぱ横丁の「がたろ」という居酒屋に行くことになりますた。
そして関西の美人4人組は大物を囲んで、「がたろ」で楽しいひと時を過ごしますた!
大物は、彼の書く文章通りの、頭のいい愉快な人ですた!この人が始まりでいろんな人と知り合えたから、会えることになってうれしかったでし。本当に頭の回転があやくて、サービス精神がある人ですた。
わたす手ぶらで行ってしまったのでしが、まりもっこりを下さいましてありがとうございますた。

気のきくひよりちゃんが、店で一品サービスになる合言葉をかまして、メニューにある一番高いのをタダゲットしますた。(ひよちゃんは一足先に帰ることになって、さみしかったよう)
串揚げの、衣におおわれている、あのまあるいものの中身はどうなっているのか。しいたけなのか、肉なのか。などと言って食べていたのですが、大物から「こどもの頃、親に残さずキレイに食べなさいと言われたかどうか」についての問いかけがあり、そこからいつしか「人類より高等な生物が襲来して、人が食用になってしまったら、キレイに食べられたいか?そのほうが食料として満足か?」という話になりますた。
魚に種類があるように、食材としてヒト種類の中でも、日本人はマズイ種類にされたらイヤやわー。ペットの餌用缶詰に加工されたらイヤやんねー。などと話し合っておりますた。
人以外のものを食べているわたす達。なるべく美味しく食べるように工夫して、食文化などと思っていますが、食べられるほうになって考えてみたら、イヤな感じの余計な知恵つけるなやボケー!と思うんやろなーと思いますた。
他のものどもを食べ散らかして生きてるから、人は凶悪でしね。
万物の霊長として、これからも人間には頑張ってもらいたいものだ、などと犬も猫も牛も魚も、誰も人に期待なんかしてないでしね。はた迷惑〜と思われているでしよ。多分。

皆さま、もし食用になったら、どうゆう食われ方がしたいでしか?

わたすなら砂糖漬けにして紅茶に浮かべてもらいたいでし。
アンジェリカのように菓子に添えたりして、食べずに箱のすみっこにほかされて、たたんで捨てられたいでし。
一番イヤなのは、つなぎ材として他の高級ニンゲンの混ぜもんにされてウインナーになることでし。キッ!


posted by 青グリン at 21:46| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

最強の目覚まし

こんばんは。
6時間寝ないと、目覚まし時計が鳴り続けても寝てられるカッパです。いや、たいてい何個めかの音で起きるのですが。
月に何度か朝5時に起きないといけない日があるのですが、起きられなかったら困るといつもキンチョーして寝ていますた。5時起きなんて当たり前、毎日お弁当を作るお母さんがたから見たら、根性が腑抜けみたいで、早起きニガテと言うのは、まったくお恥ずかしいのでし。
なのでわたすは、イッパツで目が覚める目覚まし時計を探したおしたのでし。
ありますた。ありますた。見つけますた。これは優れもの。
これで起きない人は、誰かにゆすり起こされても寝てる人やと思います。

どねいなもんかと言うと・・・。

めっちゃでっかいデジタル表示。そして、マジで、ああマジ〜〜で大音量。近所から苦情きそうな音がします。
そしてその上に、ブリブリブリブリ振動する機能が付いてるのでし。
↓こんなぐあいの円盤でし。
この円盤を枕の下に入れるでし.JPG


さ。円盤を枕の下に入れて。わたすは寝る前すこし本を読みますからね。
おやすみ読書でし.JPG


さ、寝るでし。ちょっと読みすぎてもダイジョブ。これなら起きれるので安眠。安眠。
(前は起きれなかったらどうしようと思うと、心配で目が冴えてしまうこともしばしばですた。)
さ。寝るでし。.JPG


暑いのよう 
おならプウ。.JPG


ああ、寝苦しいでし
暑いと夜も活動的に。.JPG


あ!ブリブリきたでしっ!
強力ブリブリブリブリ!.JPG


あやくあやく止めるでし!
あやく止めようと、あせってもがく。.JPG


あら。いつのまにか朝が来てたのね。
止めたでし。おはよ。.JPG


あい。ハッキリ目が覚めますた。
今日もいちにちがんばるでし.JPG

通販で買ったので、このブリブリがたいした事なかったらどうしようかと、少し思ったのですが。SOREGA!本当にブリブリブリブリ、しっかりひびいたのは感動ものですた。
外国製なので、目覚まし時刻のセットボタンが壊れそうな気がするのと、このブリブリもそのうち壊れそうな気がするのですが、壊れたらもう一個購入確実なのでし。日本製でこうゆうの作ったらいいのになーと思うでし。お値段は一万円ですた。
大音量アラームとブリブリ機能は併用できません。わたすはブリブリとして愛用するでし。
よし、ブリ子と命名しよう。

夏の夜明けは早い。早起きはニガテでも早朝の空気はいいでしね。
みなさんの明日の目覚めが、さわやかでありますように!
おやすみー!




posted by 青グリン at 00:06| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

普通がいいの

夏のおやつ、夏の果物と言えばスイカ。わたすはスイカが大好きですからね。
昨日の晩、スーパーに行ったら、こんなでっかいスイカがありますた。
ゴジラだそうです。いい値段がついてます。
檻にいれられてますた.jpg


毎年これが飾られてるのを目にするんですが。四角いスイカ。
味はいいのでしょうか。
小玉スイカを愛するわたすには、なにか無残な感じがしてしまうのだった。
作った人が手をかけて、味良く育ててるのやろうと思うけどね。そうでなければスイカとして余りにもあわれでしゅ。
スイカは緑に黒の縞目がきれい。四角くして目立たせなくても普通で充分愛らしいと、改めてスイカの実力を思い知るのだった。
こんな姿にされますた.jpg


今日は家にスイカがないけど、知人が夏山で撮った花の写真を見て、冷たいものを食べて一日終わる。
今日一歳年とりますた。平穏な普通の一日ですた。
posted by 青グリン at 20:30| Comment(33) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

どうなるかな

お久しぶりでございます。ぺこり。
今週から、お父ちゃんとこにヘルパーさんに来てもらう事になりますた。
週に2回ヘルパーさん、週に2回デイ・ケアかデイ・サービスの通所施設を利用し、週に一度配食サービスを利用して、市の緊急通報システムを入れて・・・とイロイロなサービスを利用する事になったのでーす。
通所施設は、今月のうちに何ヶ所か体験利用してから、どこにするか決める予定です。
以前はそうゆうの「ヤだ」とか「いらん」とか言っていたので、強く勧めたりしなかったのですが、この度の退院では本人がそうゆうの必要だと思ったようです。
同居しても日中はひとりで過ごしてもらわねばならないので、昼のあいだ寝間着で寝てばかりいるようになるのは目に見えており(既にそうなり始めており)、同居してもいつかは何かのサービスを利用する事になっていたでしょう。

横になっていたい人は、好きなだけ横になってたらええのではないか?と思わないでもないですが、それでココロ陽気にいられる訳でもなさそうだし、やっぱり起きれるうちは起きて自分の事を出来る方がええかな?とかとか、ぐるぐる考えてしまいます。
自宅に他人が入るとなると、緊張感もあるだろうし、ヘルパーさんに買い物や調理をしてもらえることより、人が来るから起きて応対しよう、とゆうとこに良さがあるかな、と私は思ってるんですが。
どうなるかなー、これまでと違う生活のパターンに上手く慣れてくれるかなー、と心配な私は過保護な親のような心境でし。ハラハラ。
ガンバレ後期高齢者。
デイ・ケアに素敵な未亡人が来てるかも分からんし。


その件でこのところ実家に寄りがちなので、ブログ徘徊も減っています。コメントもお返事遅くなると思います。予め謝っておきます。すんません。

posted by 青グリン at 12:20| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

青空供養

見上げたら、梢のすきまの空が青かった。葉は光って、音をさせて揺れた。なんの木だったか忘れたけど。春の真ん中みたいな日だった。
一年て早いナ。
今日は母の命日だ。
法事は先の日曜に済ませた。お供え物の菓子箱を今日持って帰ろうと思ってたのに、今日行ったらなかった。ひと箱残しておいてくれたら良かったのに。親の一周忌に欲しかったもなかがなくなってる事にガッカリしてていいのだろうか。ああ、あれ大好きだったのに。
母は気候のいい時亡くなった。
今日も木を見上げた。去年と似たような空だった。そう思ったら一瞬だけ365日巻き戻った。
これからもなかは忘れず持って帰ることにして、母には青葉を供えよう。
葉っぱの揺れる音を聞こう。青葉が陽に光るように、毎年晴れるといいのにナ。
posted by 青グリン at 23:05| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

カッパのスキンケヤー

春ですね。あやく3月の更新をしなくては、あさって4月になってすまうので、あわてて更新しますた。
前にひそちゃんに評判が良かった、手作り化粧水とスキンオイルの事を書きますね。
わたすは長年、この化粧水とオイルだけで基礎化粧は済ませています。これが万人に合うかどうかは分かりませんが、私にはよく合っておりマス。さ、これでみんなもインドゴムなカッパ肌!

まず、手作り化粧水に用意するものは
◎尿素
 安価で入手しやすい園芸用肥料で十分です。1kg入のもので200〜300円程度です。
※但し、尿素単独のものを選び、配合肥料と表示のあるものは避けてください肥料用尿素には、「保証成分量(%)窒素全量46」と表示されているものがあります。それが尿素100%の意味です。それを買うて下さい。
◎グリセリン
 グリセリンは薬局で市販されています。日本薬局方の物が良いでしょう。50ml入で300〜400円程度です。
◎空き容器
 美肌水の原液を作るためのものと、その一部を薄めて肌に合った美肌水を作るためのものを用意します。
原液用は、口の大きなものが、材料を入れやすく便利です。
薄めて作った美肌水を入れる容器には、化粧品の空き瓶のように、透明で、口の小さいものが、腐敗防止と監視のために便利です。
いずれも、水で良く洗ってから使用してください。
尿素とグリセリン.JPG


≪原液の作り方≫
@尿素    50g
 水道水   200ml
 グリセリン こさじ1杯(約5cc)
 空き容器  ペットボトルなどを用意する。
尿素50グラム.JPG
A容器に尿素50gを入れます。
入れ終わったら、油性マジックペンで容器に目印をつけておくと、次から尿素を量る手間が省けて便利です。(わたすは50グラム計量したのを小さいジップロックに入れて置いてます。)
尿素を入れ物にサラサラと.JPG
B水道水を200ml入れます。
※美肌水には、一切防腐剤が含まれていません。 その為、水道水を使うことにより、水道水に含まれる微量の塩素が防腐剤の役割を果たすのです。尿素が溶けて透明になるまでよく振ります。(約1分間)
C尿素が溶けたら、こさじ1杯のグリセリン(約5cc)を加え、再びよく振ります。容器に『美肌水の原液』とかいたラベルを貼っておけば、ほかのものと間違える心配がなく、安心です。

≪使用法≫
※原液は、冷蔵庫の保存で、約6ヶ月は品質が保持できます。
美肌水原液の尿素濃度は、20%になります。これは、市販されている尿素入り外用剤の最高濃度と同じです。従って、使用する体の部分によって、原液を薄める必要があります。
薄めた美肌水の品質保持期間は、冷蔵庫保存で約1ヶ月間です。
材料費は安いのですから、古くなったら庭の肥料にでも使って、新しい美肌水を作りましょう。

顔に使用する場合 原液を水道水で10倍に薄めて下さい。
顔以外の体に使用する場合 原液を水道水で5倍に薄めて下さい。
手のひら、足の裏、かかと、ひじやひざ頭など角質の厚い部分に使用する場合 原液をそのまま使用してください。

濃度は、あくまで目安です。 個人差がありますので、刺激が強いと思ったら、さらに薄めて使用してください。保湿を求めるなら濃くしたり好みに調整して下さい。
また、かぶれや痛みを感じたらすぐに使用を中止してくださいね。
わたすは薄めたものを大きいアトマイザーに入れて使ってますです。

以上↓からとってきますた。「美肌水」で探したらいっぱいでてきます。
http://www.ueda.ne.jp/~wkoide/skincare/bihada.html
なんと言っても安く済むのと、一年中使える事が気に入っています。これを使って特に肌がどうこう良くなるということはないんですが、既製品の高い化粧水のように合わなかったという事がありませんでした。せっかくいいと思って買った高い既製品なのに、しばらくするとナンか合わない気がしてきたとかゆう経験があったんですが、これは薄め加減で一年中使え、何の不具合もなく調子が良かったんです。ちなみに尿素一袋で何年分もあるます。まったくこれは経済!経済!
また化粧落としにコットンでふきとるとよく落ちます。だいたい2枚使うとサッパリします。あとがツッパることもありません。


そしてひそちゃんに評判良かったオイルがこれ
.ローズラブ
アロマオイルのメーカー、マギーティスランドの「アロマエステ スキンオイル RM(ローズラブ)」だいたい3千円前後でネットで買えます。すごくバラの匂いがするのでバラがニガテな人にはつけてしばらく気になるかもしれませんが、すぐ香は気にならなくなるます。
これは寝る前に化粧水を10円玉大くらい手に落とし、そこにオイル一滴たらして顔にぬらぬらします。後でぬめり気もなくいい感じです。冬は多めに使ったり、朝化粧するときに化粧水に一滴落として使ったりします。私のバアイ1本で10ヶ月以上使えます。
わたすはその上にランコムのUVエクスペールというのを化粧下地につけて、固形のファンデーションを使います。


一年中それで済ませてるのがいいのか悪いのか分かりませんが、お化粧にお金も時間もかかっていないのが大変気に入っております。化粧水とオイルはナニが入ってるか分かるので他の既製品より安全な気もします。あと、メーカー品は気に入りの商品がバージョンアップして使用感が合わなくなるとか、何の断りもなく製造をやめてしまうしなど、次々新商品が出て何がなんだか分からなくなるのですが、これなら何年経とうがいつもあって安心!安心!なのも気に入ってます。
また何種類ものローション・美容液・パックなんかを順番通りに使うというのも性格的にムリなのです。面倒くさくなるます。
美容やおしゃれには、高級感や優雅気分を重視という方には「けっ!」と思われそうなカッパのスキンケヤーですた!
posted by 青グリン at 12:31| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

姉妹で家族で大阪へ!

2月の木曜日、歌舞孤さんがトリさんきみどりくんが一家こぞって大阪に来ますた!
わたすと一家は国立民族博物館で落ち合うことにして、モノレールに乗って万博記念公園に行きますた。
自宅駅前で「一六タルト」を買って甘党のトリさんにお土産にしようと思っていたんですが、その日に限ってタルトがありませんですた!かわりの甘いものを選んでいたら手間取ってしまい、民博に着くのが遅くなってしまいますた。先に入って見ててね、と言っていたので一家はすでにイロイロ見ていたもよう。カブちゃんは何か仕事の電話をしていますた。民博に来たのも仕事で参考にするものがあったからですね。電話するカブちゃんカッコ良かったでしゅ。
トリさんは口数は多くないものの、常にニコニコしていて時々展示物のことでカブちゃんが話しかけると必ずナニか答えていますた。トリさんは博識ですたー!
きみどりくんは朝っぱらから大移動してきたのに疲れも見せず、民博見学してますた。コレハ攻撃もありますたが、あの年頃にしては展示物に手を出さず、ちゃんと鑑賞してるところがエラかったのでしゅ。
トイレでオムツ交換台に乗ったときにナゼがハイになってすまい、台のバーで頭を打ってすまいますた。ゴンッ。ああイタかった!
ツノがはえた展示物などはコワかったようで、コワいコーナーに来ると神妙な顔してますた。
お昼は民博のレストランに行って、4人とも別のものを注文して食べますた。カブちゃんはジャンバラヤ、トリさんは洋食のランチセット、きみどりくんはうどん、わたすはカレーセットですた。民博のエスニックメニューけっこういいですよ!
きみどりくんはエプロン付けられて真面目にうどんに取り組んでいますた。コドモ用皿フォークのお姫様の絵が気に入っていたもよう。料理が来るまでも、食後コーヒー飲んでる時も、食券の切れはしを配っては回収するなど(何度も何度も)、シゴト好きな一面も見せ、家業の戦力として活躍する日も近いと頼もしく思いますたね。ホントに両親がシゴトしてるとソバでカタログ開いたりしてるそうで、気持ちとしてはすでに共に働いてるようですからね。小さい子の家業のお手伝い、カワイイよう。きみどりくんが打ち合わせに行けば、見積もり高めに持って行ってもOKくれそうでしゅ。文句が出たらハの字まゆ毛で「う!」と半泣きになれば、発注先もあわてて言う事聞きそうでしゅ。
食後も民博をまわって、お土産屋さんを見てからわたすは一足先に民博を出ることに。
しかしお土産屋さんが前より物が少なくなっていたような気がしますた。遊園地が閉鎖されてる関係で、民博に来る人も減ってるのかな?と思いますた。わたすは民博が好きなので心配しますた。いつも来たら買いたくなるものがあるんだけどなーと、見てたら、いっこありますた!みどり色地に勾玉っぽい模様の布バック!でも値段が5千円以上したので手にとってすぐ戻しますた。3千円くらいのもんかと思ったけど。値段を見るまで「カブちゃーん、これええと思わへん?カワイイやろ?」と言っていたんですが「民博や思て、調子のった値段つけとるな」と言うとカブちゃんが笑いますた。
ひとりで外に出たら雨がポツポツ、急げっとモノレールに乗りますた。

そして梅田のホテルへ、ホテルで会ってホテルで別れる用事があったのだ。わたすの家のデンワ番号が男名前で書いてあるかどうかは知らんけど、ホテルのタダ珈琲飲み放題ルームでひそそかちゃんとルナおかんが待っていますた!ひそちゃんはマキシン帽でやって来ますた。大阪でのシゴトの書類はサササともう済ませたと言って、ニコニコ待っててくれますた。ひそちゃんがナゼ来たかはこちらをどじょ。その後の食事会もこちらをどじょ。
http://hiyorinrin.seesaa.net/article/83030791.html
http://ameblo.jp/sequester/entry-10071127955.html
http://ameblo.jp/sequester/entry-10071508862.html
http://ameblo.jp/sequester/entry-10072421486.html
そうゆうワケで野菜料理のお店で皆と夕飯を食べて、楽しかったのですた!
そしてまたわたすはひそちゃんとホテルに戻りますたー。カブちゃんも来て話せたら良かったんですが、トリさんを子連れ狼にして出てくるには、カブちゃんも移動で疲れていたはずです。カブちゃんまた今度ね。
そのホテルの部屋で隣からスンゴイ「ミャーミャーギャーギャー」声がして、一体なんのプレイかと固まりそですたが、赤ちゃんの夜泣きですたー。夜泣きって原因はイロイロ考えられるけど、ハッキリしたことは不明らしいですね。思わず調べてしまいますた。いやー、夜泣き赤ちゃんに付き合う親、大変じゃね。苦労がしのばれますた。
夜のおしゃべり、わたすはムンクの叫びみたいに顔が溶けそうなほど眠たくなってしまいますたが、シャワーでシャンプーしたらシャキーン!と目がさめますた。いろいろ濃いィ話題でうんと夜更かししてしまいますた。ひそちゃんは本当に話がしやすいの。楽しくない話も色々聞いてもらったけど、ほんとにありがとう。どんな話もちゃんと拾ってくれるし、思う事を分かってくれるから楽なのです。ひそちゃんの才能だと思う。遠方から来て、翌日もシゴトをはさんでの夜更かし、疲れなかったかな?また大阪おいでね。今度は焼肉行こう。

関西の姉妹たちへ
ひよちゃんは忙しいのに幹事など引き受けてくれてありがとう!イチゾウさんとすれ違い残念ですたね。今度子供連れて来られる遠足みたいなんしよう。またね!
きんぎょちゃんはいつもカッコイイ服を着てくるんやけど、この日も赤いセーターがよく似合っていますた!相変わらずナミヘーさんの話は腹イタイですた。草なんてペッペッ!
ルナさんはバーナビーちゃんを下さってありがとうございますた。ルナさんの作るクマ、民博のお土産屋さんで売るといいと思いますた。よく出来てて他のクマより断然味があるます!
姉妹じゃないけどイチゾウさん、駆けつけてくれてありがとうございますた。チョットだけでしたが今度またゆっくり皆で会いましょうね。

posted by 青グリン at 21:14| Comment(43) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ぎうぎうと夜はふけて

あいッ!今年最初の更新ですッ!
きんぎょちゃんひよりちゃんの記事でご存知の通り、ミニー大阪来日&ぺこちゃんを迎えて、関西オフ会がありますた。

とにかく大移動のミニラちゃんは、夕方新大阪着で翌朝は6時の新幹線で東京に帰ると言う事で、新大阪駅そばのホテルに一泊。そこにぺこちゃんとカッパも一緒に泊まることになりますた。

宿で先に集まったLunaおかん、きんぎょちゃん、ひよりちゃん、ぺこちゃん、カッパの5人組は、ホンマに狭い部屋やな〜、などとのん気にお土産を交換しあったりしていたのですた。
さっ、そこにコンコンとミニーちゃんがやって来た瞬間から、お部屋はミニラちゃんの怒涛のトークに満たされたのですた。タップンタップンもう満杯!「あなたは○○さんかすら?どうも初めますて、いつもお世話になってます」とか、初対面っぽく、オズオズと歩み寄るといったような面倒なことは踏み倒して、イキナリさっきからいた人のような雰囲気で、なじむことなじむこと・・・しゃべりつつ荷物を空けてワインを取り出し、くつしたに穴あいてないか確かめたり、しゃべるだけでなくジッとしてなんかいないのだ。はー、びっくりしたー。

その後てっちり屋さんでもどんなに豪快にしゃべり倒したかは、きんぎょちゃんとひよりちゃんのブログで読んでくだサイッ!
普段人の皿に食事を取るなんちゅう事はまずやらないわたすですが、あまりにしゃべって箸も手に取らないので、思わずミニーちゃんの皿に食べ物を取りよけてすまったホドですたっ!

てっちり屋さんであんまり食べなかったミニーちゃんでしたが、宿でワインを飲もうと一本持参してくれてたので、帰宅組のLunaおかん、きんぎょちゃん、ひよりちゃんを駅まで送ってお別れした後、宿飲みのときなんか食べるかなと思って、カッパはコンビニでおかき類を買って帰ったのですた。(宿でおかきを食べたのはわたすだけですた)
ゆるい雨が降ってて寒かった。
帰るとき横を歩いていたぺこちゃんが急に腕を組んできた。か、かわいい・・・。ぺこちゃんは見てても可愛い女の子ですが、こうゆうふうにピトッと寄ってきたりすると、なんだかとってもカワイイね。
おたくのアイドルっちゅうのが分かる気がしますた。おたく青年はみんなハアハアしてしまいそうです。

宿ではサッサと浴衣に着替えて三人は化粧を落とした。コットンで顔をふき取りながらなんか楽しかった。
さあ、楽になって飲みましょうと宿の歯磨き用と思われるコップにワインを注いでくれるミニーちゃん。カッパはお酒を何種類も飲むとしんどくなるのでさっきのてっちり屋さんではビール飲みませんでした。酒は夏の東京以来飲んでなかったくらい日ごろ酒類は摂らないのですが、ミニーちゃん持参のワインは飲みやすくておいしかったです。
それでも12時前には激しい眠気に襲われて、カッパは半分横に伸びており、浴衣じゃはだけてスースー具合悪いため持参した綿のズボンに着替えますた。しかしミニーちゃんのお仕事の話を聞きたかったので起きておれますた。ミニーちゃんシッカリしてるなー、すごいなーと感心したり、頼もしいなーと思ったりしながら大また開きで半分寝そべっていたの。
ぺこちゃんはミニーちゃんのお仕事の話でネットがらみの事になるとイロイロ意見を述べたりして、あんまり意味が分からなかったわたすは、とりあえず、そうかそうかウンウンと聞いていますた。ぺこちゃんは仕事の話になるとキリっとしてて、こうゆう所とカワイイ所、両面あるのが魅力的なのだ、ぺこちゃんはモテるだろうなーと、まったく別の感想を持って聞いていたのですた。
ミニーちゃんは反対に、大きな仕事の話も、ロンドンで服を買う話と同じ調子でするような人ですた。どっちも普通の調子でするし、どっちも楽しそうにするのだ。
イキイキしてて素敵な人ですた。
それで気の張ったところや気取るところのない人ですた。
だから一緒に居てくつろいで話が聞けますた。そう、話題は異性のことにも及んだのですが、楽しかった。
あまりにイロイロなことを聞いたため、何を聞いたのか今思い出せなくなってしまってるホドです。ポイントで絞れなくなっているのだ。
オープンな人に多いように感じるのですが、頭が切れて楽しんで暮らしてる人の息にふれて、私はとっても楽しかった。

それでも時間はどんどん過ぎる。ぺこちゃんがトイレに行った時時計を見たら3時半くらいになっていた。サスガに部屋の明りを消すことにしたが、わたすは寝不足では目がさめなくなる体質(目覚まし時計三つとケータイが鳴ってもグーグー寝てることがある)なため、今寝たら起きられなくなるという恐怖心もあってか、眠いの臨界点を超えたためか、眠れなくなってしまったのですた。
ミニーちゃんのベットからはやっぱり疲れたかグーグー寝息をたてている。わたすにつきあってぺこちゃんが話しかけてくれたから、モソモソと寝床から会話していた。お医者さんて自分の家族の執刀って出来るのかな?みたいな会話してたら「それはしないってよ」と突然ハッキリした声が、え!誰かもう一人おったっけ?と一瞬怖かったんですが、急にミニーちゃんが起きたのですた。つ、疲れてなかったのか?グーグー寝てたんとちゃうんか。いや、それからしばらくしたらまたグーグーしてますた。
ぺこちゃんとおかしかった。

そうやってモソモソとしてたら5時になり、ミニーちゃんとわたすは起きて6時に宿を出ますた。(ミニーちゃん寝たの1時間ちょっとくらいと思うのに、起きたら元気だった)
ぺこちゃんはその後もう少し大阪に残ったの。

ぺこちゃん何かと気を使ってくれてありがとう。有能で素敵な女の子です。また会おうね。

ミニーちゃん、大阪まで来てくれてありがとう。ロンドンから眺めたら、東京も大阪も近いのよ、交通も発達して便利だから、と言ってたけど、ブログで知り合った私たちと会うために時間をあててくれてありがとう。会えて良かった。

Lunaおかん、きんぎょちゃん、ひよりちゃん、関西組のまったり感が大好きなのだ。次回にむけてお互い体調整えておきましょうね。
関西外からくる人々がキョーレツなので、わたすたち気をシッカリ持って支えあってゆきましょう!(笑)


会うほど好きになるような人たちと知りあえたから、わたすホントにシヤワセ。



posted by 青グリン at 01:09| Comment(36) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

よいおとしを

一年って早いですね。
今年もお世話になりました。
来年もまた宜しくお願い致します。

安寧に!


よいとしきてね
posted by 青グリン at 08:23| Comment(31) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。