2011年04月07日

ひとさらいのうた

大震災からこっち、なんか気が晴れない。
音楽でも聴いて気を紛らわそうとしてみた。
おお、いいのあった。小さなよろこび。



あがた森魚のリリシズム。
ワケのわからないあがた森魚の詩の世界。ケーキはケイクで、ハンカチはハンケチ。
こうゆうところに少女の頃の私はコロっと心をさらわれた。
温和な狂人なのか、変わり者の賢人なのか、凶暴なほど繊細。
誰もあがた森魚のような詩は書けないし、あがた森魚のように唄えないと思うのです。




あがた森魚は私に黒板とチョークの匂いをかがせたり、夏の日差しにゆれるカーテンの下に連れて行ったりする。
ある時は頭に麦わら帽子をかぶせたし、南洋の大海原の潮風を甲板に吹かせた。
場末の酒場のマッチ箱だったり、外国の街灯と石畳だったり、渓谷や宝石だったりもした。
タチの悪いことに、誰か好きな人をあきらめる時の気持ちの動きだったり、好きになりかける時の感じだったりもした。
あがた森魚はひとさらいのような人だ。

そんなふうに心をどこかに連れて行かれる感覚は音楽だけでありません。
山本周五郎の土手の秋という短編では、ススキをゆらす秋の土手の風と、暮れていく陽の残り火に照らされた。見えたのではなく本当に感じた。
樋口一葉の十三夜は、月明かりと虫の音のする夜道の風の匂いと温度の中に私を連れて行った。青い草と枯れた草の匂いだった。

そのようなひとさらいの仕事に私は敬意を感じている。
これは、すごい、すごい仕事だと思う。
単に私が自分の気分第一で情緒に流されがちの、さらわれやすい性質なだけかも知れないけれど、他の人にもさらわれるものや、さらわれていく場所があるのではないかなと想像している。

さらわれるものやさらわれる場所が同じだったり、近かい場所だったりする時に、「ああ、あのシトはものの分かったいいヤツだ」などと思い、感性が合うなんて言い方するんじゃないでしょうか。
それぞれにさらわれて行く国がある、そんな気がする今日この頃。うまく書けないから、ワケの分からないこと言ってすんません。
なので、私は「このシト感性が合わないわ〜」と思うような出来事にぶつかった時は、仕方ないや、国が違うんだから言葉も通じにくいのさ、と思うようにしています。
どの国もそこが好きな人にとってはきっと良い国なんだろうからね。



最後に、震災で気がふさぐ人に贈ります。
船を漕いでいきましょう、という意味の唄ですよ。

posted by 青グリン at 13:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感動しました。素敵な記事ですね。
私も時々さらわれます。
グリンさんの文章も私をさらってくれます。
Posted by ひより at 2011年04月07日 23:25
◆ひよりさん
か感動した?そう?そう?にへら〜。
いや、そんなホメてもらうようなもんじゃないんですよ。あがた森魚の世界の不思議さと素敵さは、私に上手く伝えられるものではないのでし。
>私も時々さらわれます。
連れて行かれるところがあるっていいよね、いいよね。
>グリンさんの文章も私をさらってくれます。
えッ!いいの?いいの?カッパの国に来るの来るの?わーい。カッパは太っててぬるぬるしててクサイんですよ。さ、ひよちゃんもそうなるんですよ。よし、まかせなさい、まかせなさい。今シッカリうつしてあげますからね。

Posted by 青グリン at 2011年04月08日 01:17
◆ひよりさん、おまけ

う。また地震あったんだ。3月11日もレス書いたあと地震だったんですよ。
余震で震度6ってあんまりだ。6で余震ってどーゆーつもりだ。やっぱりあんまりだ。
もう地震くんな。キッ!
Posted by 青グリン at 2011年04月08日 01:28
さらわれる感…いい表現ですね。
そんな感じ味あわないともったいないですね。人生損しちゃいます。

あがた森魚さんといえば赤色エレジーしか知らなかったのですが、詩人ですね。
いいものを聴かせてもらいました。ありがとう…ウサギ…
Posted by Luna at 2011年04月13日 20:41
◆Lunaさん

さらわれる感じ、どの人にもありますよね。LunaさんもKさんに胸さらわれるひと時が、心の生活にいろどりを添えますよね。

最近ほんとうに気が晴れません。この先何ヶ月も続く原発事故どうなるんでしょうね。
人がする失敗は、ぜんぶ少しずつ人全体の責任のような気がしてしまう私は、こうゆう時なんか気がしょんぼりするのです。
しかし、しょんぼりしてるだけではいけませんので、自分の仕事を頑張る事と、楽しいものや美しいと感じられる事が自分の胸の中にあることを思い出してみることにしてます。

>あがた森魚さんといえば赤色エレジーしか知らなかったのですが、詩人ですね。
いいものを聴かせてもらいました。ありがとう…ウサギ…

どう致しましテンガロンハット。
動画をちゃんと観てくださったんですね。ありがと〜う。本当に不思議な詩を書くんですよ。詩にいろんな世界があるのでどれかひとつで全部は語れないのです。万博みたいな人です。
昔、Kさんがラジオで紹介して、けっこう反響があったと記憶している、昭和柔侠伝の唄、を名前のとこに貼っておきますね。緑魔子と歌ってるのよ。

Posted by 青グリン at 2011年04月15日 13:43
>うまく書けないから、ワケの分からないこと言ってすんません。

いやいやいや、すごくよく分かります。さらわれていく国、私にもあるよーと思いながら読んでいました。素敵な文章でした。こういうの書けるグリンちゃん、すごいなと思う。

あがた森魚さん、初めて聞きました。不思議な歌詞だけど、ものすごく心に引っかかるね。なんかざわざわする感じ。

地震がおきてから、原発のことが真っ黒なカタマリみたいにいつも胸の隅にあります。これからどうなっちゃうんだろう、人間は何であんなカイブツみたいなもの作っちゃったんだろうって。子どもにはそんなこと言えないから、大丈夫だよって言うんだけどねー。日本政府みたいだワン。

最後の歌、素敵でした。ありがとウサギ!
Posted by にんじん at 2011年04月15日 22:11
◆にんじんさん

お待たせいたすますた。
おお、にんじんさんも聴いてくれたんですね。そうなんです、引っかかったりざわざわするんですよ。水晶になって地面から顔だけ出して歌だけ唄っていたーい、とかいう曲があるんですが、地面にもぐるのも水晶が歌うのも変な話なのでございます。でもなんかシーンとさせちゃうの。

>地震がおきてから、原発のことが真っ黒なカタマリみたいにいつも胸の隅にあります。

私もです。ユーチューブでチェルノブイリと入れるといろんなドキュメンタリーが見られます。見ると朗らかになれないものばかりですが。この先何ヶ月、何年とつづく事故処理の間、有害物質の量がいくらいくらだから安全と言われても、それはどうかと思います。みんな思ってるけど、言っても仕方ないから気がふさぐんですよね。
この前テレビで石田衣良が飛行機だって事故の危険はあるけれどやめないのと同じように、原発の安全性を高める方向で進歩してゆくほうがよいといった意味のことを言っていました。飛行機と一緒に出来ないと私は思ったよ、原子力事故の被害は他にない特殊性を持ってる事をいま私たちは見せられているんだから。原発だけがエネルギーの最終切り札みたいなことで止まるほうがよっぽど進歩的でない気がするよ。代替方法に技術を結集する進歩を選んでもいいんじゃないのかと思いますた。後の人たちのためにも。
ところで石田衣良、一冊しか読んだことないですが、あんまり好きじゃないやと思っていますた。ワイドショーでコメンテーターもやってたようです(それだけでもう私的には・・・)。上の発言もあったので、どんな人かと思ってググったら、関西人は大嫌いとのことですた。悪かったな大阪で。じぶんサワガニみたいな顔してるくせにッ。キッ!

>ありがとウサギ!

こちらこそでスーザン・ボイル!
Posted by 青グリン at 2011年04月18日 16:09
石田衣良!
あはは!
この人の独特の語り口に大ウケして一時モノマネにはまったことがあります。

「え〜、鬱っていうのは〜〜、心の風邪なんですよね〜〜〜」

「〜」の部分、鼻から抜けるように発音するのがポイントです。
あー、こういうところが嫌われるんやろなー(関西人気質)。
Posted by ひより at 2011年04月19日 00:43
◆ひよりさん

>「え〜、鬱っていうのは〜〜、心の風邪なんですよね〜〜〜」
>「〜」の部分、鼻から抜けるように発音するのがポイントです。

うわ〜、そんなん言いそう。手で軽くアゴを支えて、足組んで言いそう。いや、ほんとにそうかは知らんけど、そうゆう感じがするでし。
顔出しが好きっぽいから、男の林真理子みたいなのか?と思ってたのですが、人気作家のようなので、あんまり悪く書くとファンの人に怒られそうでし。
ま、関西人が嫌いなのは仕方ない、どうせヤクザな関西さ。キッ!それに土地柄と言うのはやっぱりある気がしますね。東北の人は本当に辛抱強くて優しい印象持ちますた。どの土地の人にも風景にも必ず特色があって、それはええもんだと思いますね。災害などで壊れてもまた取り戻せるように協力したいものでし。自然災害の百貨店のような国ですからね、ほんとに人事ではないですからね。
Posted by 青グリン at 2011年04月19日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194693415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。