2010年11月16日

ねむりの国

昨日今日、休みですた。
あれもしようこれもしようと思っていたのに、二日も眠りっぱなしで日が暮れてしまいますた。
なんてサエないんでしょう。なにもしなかった、この罪悪感はナニ。
今頃元気でてきても遅い。しかたないから昨日と今日は眠りの国に行ったことにしよう。うん、そうしよう。
でも本当は2週間くらい、どっか南の島にでも行きたいなー。
または、北国で森と湖に囲まれた雪深い静かな湖畔の宿とか。

おお、宿と言えば、むかし友人Y子と沖縄で泊まった那覇市内のホテルが、朝食にすごくいい琉球薬膳の朝食を出してくれるので有名だったんです。和洋折衷みたいな造りとそれに合った沖縄らしい調度品も雰囲気良く、ほんまに素敵なホテルです。思い出してまた行きたいなと思って調べたら、もう閉館されてました。
宿は最新式の設備もなく、風呂も部屋に付いてないタイプの座敷部屋を取ったのでしたが、共同のバスルームは一人で使うには広めの、タイル貼りの古いシャワー室でした。
その風呂場がなんだかものしごーく、怖かったのが印象深かったです。
一歩はいったとたんから、なんかゾーっとして落ち着きませんですた。
Y子に「あの風呂きもちわるーなかった?」と聞いても、「別に」とのことですたので、私の思い違いだろうと思いましたが、その前もその後もどこに泊まってもあのような違和感は感じたことがなく、やっぱり今思い出しても、あの風呂場はなんかある、またはよっぽど私と磁場が合わなかったんだろうという気がしてなりません。
ああ、まだあのホテルがあったら、あのホテルの素敵なマダムがご健在だったなら、もういっかい行って確かめてみたかったような気がします。

みなさんにも忘れられない思い出の宿や、おすすめの宿がありまますか。


posted by 青グリン at 18:34| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
眠いときは寝るのが一番! 体が眠りを必要としているのです。眠りの国でグリンさんはきっといろんなことをしてたんじゃないでしょうか。憶えてないだけで。

5年ぐらい前かなー、家族であまり混んでない温泉にいったとき、薄暗い大浴場でひとりぼっちという状況になったことがありました。あれはかなりコワかったでし。なんか映ってそうで、鏡も見られませんでしたよ。ああムスメを生んでおけばよかったと後悔しますた。
Posted by にんじん at 2010年11月18日 00:33
◆にんちゃん

あい、寝るほど眠い睡眠のぬかるみ、惰眠の底なし沼ですた。なにか頭の芯が溶けたような気がしますた。浅い眠りで夢をいっぱい見ますた。

薄暗い大浴場、なんとなく不安になるの分かる気がするでし。ムスコというのはいったい何歳まで女風呂にあいってくれるものなのでしょうか。どんなに幼児であっても、不安っぽい場所では一緒にいてくれると怖くないでし。和歌山の温泉で海に面した洞窟な温泉が夜不気味ですた。海に面していい気分ではあるますが、底や壁にフナ虫やカブトガニ、またはドルゲ魔人がひそんでいそうな不安感にかられますた。その時は一人じゃあるませんですたが、夜中ひとりやったら泣くよなー、と連れも言っていますた。あい、夕方あかるいと海の眺めも良いものですが、夜はドンブラコッコと波のうねる音だけ聞こえて、いっそうフナ虫に囲まれる気分になりますからね。ああ、またどこか珍しい温泉に行きたいでし。
Posted by 青グリン at 2010年11月18日 19:24
起きたときにまだ寝れると確認できたときほどシヤワセを感じるときはありません。何度寝くらいしましたかー?
疲れたときは欲望の赴くままに寝倒すのが一番、罪悪感を感じることなどこれっぽちもあるません。

お化け屋敷には滅法弱いのですが旅先でソレ系の恐怖に遭遇したことはまだあるません。グリンさんもにんじんさんも、今度そういうことがあったら私を呼んでください。タオルを持って駆けつけます。

霊感が強い友達がうちにの家に来たとき、冗談で「何かいる?」と聞いたら「うーん……」と言葉を濁しました。否定しろよっ。
もしかしたら部屋の片隅で私のあんなトコロやこんなトコロを見ているかもしれません。
Posted by ひより at 2010年11月18日 21:18
最近、寝続けるということができなくなったので青グリンさんが羨ましいです。

思い出深い宿と言えば、奥秩父の山小屋です。
学生の時に湯沸かし器のお湯で洗い物をしていた先輩が温泉に行きたい!と言ったのがきっかけでした。電話が無いのでハガキを出して予約をとります(余裕をもって2週間みておくのですよ、これが)。冬に入り積雪が50センチくらいあった時で凄く寒かったです。ストーブは必需品ですが別料金。皆でワリカンにしました。外は雪でやることがないので一日中露天風呂に浸かっていました。友達がウォッカを持って来ていて、岩風呂の回りに積もった雪にボトルを突き刺しておいて、たまにそれを飲みながらプーカプカしておりました。今思い返すと贅沢な気がします。仲の良い友達数人(男女混合)で行ったので楽しかったですよ。もちろん、お風呂は別々です(笑)
Posted by I先輩 at 2010年11月19日 00:42
>森と湖に囲まれた雪深い静かな湖畔の宿
そりゃもうブルーブルー ブルーシャト〜〜♪でしょ!(古)

I先輩のコメントで思い出しました。私の場合は婚約時代に行った白馬(王子様ではなく長野のほう)スキー場の上のほうにある山小屋です。ムッシュの学校の小屋で、確かOBは一泊700円くらいですた。
大量の食料品を担いでリフトに乗り、スキーでこけつまろびつしながら辿り着くようなところでし。電話はもちろん、冷蔵庫もなく、肉や魚は戸外に出して保存しました。水道水は貴重品なので、料理に使う以外の水は戸外の雪をポリバケツで溶かして使います。ガスは台所しか使えないため、お風呂はフライパンで熾した種火から薪に移して焚きますた。もちろん夜は塗り込めたような闇。「雪明かり」というものを実感し、満天の星空に感動し、まあ贅沢っちゃあ贅沢なのかもしれないけど。
そんな場所で真夜中にドンドンドン!と扉が叩かれたことがあったそうです。なんと雪山の遭難者が助けを求めてこの小屋に…(ムッシュ談)

20人くらいが合宿できるところに、たった二人で一週間頑張りますた。最後は食料が乏しくなって、誰かが残していったオートミールで食いつなぐことに。
ムッシュはまた行きたがっているけど、あたしゃ二度とゴメンですわ!梅子と二人で行くがよい。グリンちゃんもよかったらご一緒にどーぞ♪

ヘビー度においてはI先輩に勝った気がする。しかも私の学生時代の下宿には湯沸かし器すらなかったし。(冬場は水が冷たくて、何枚もお皿を割りましたよ〜)
でも勝ってもちっともうれしくないんだな、これが。
Posted by ひそそか at 2010年11月19日 11:11
長くなったので連投します。

おっかない宿は名古屋で経験しますたよ。出張でホテルに泊まった翌朝、目の下に見事な隈をこさえた上司が「ひそそか、昨夜は何もなかったか」と訊いてきたの。キョトンとしていたら、どうやら彼の泊まった部屋では何やら賑やかに超常現象が相次いだもよう。一晩中ガタガタ音がしたり暗がりに人影が見えたりしたと怯えきっていました。「絶対なにかある」とフロントで尋ねたら「実はこの場所はかつて古戦場で…」と申し訳なさそうなお姉さん。どうりで安いと思ったよ。ケチるからこんなことになるんだよ。と内心毒づいたワタクシは、もちろんぐっすり安眠いたしましたともさ。
「専務が私の部屋に逃げてこなくてよかったです♪」と言うと「お化けよりひそそかのようがよっぽどコワイ」だって。シツレイな!!
Posted by ひそそか at 2010年11月19日 11:19
◆ひよちゃん

>疲れたときは欲望の赴くままに寝倒すのが一番、罪悪感を感じることなどこれっぽちもあるません

そ、そう?そう言ってもらえるとわたすも心の重荷がとけるようでし。起きてトイレに行ったりナニか食べたりまた寝たり、ひきこもってぬくぬくしてますた。
ひよちゃんはオバケ屋敷がダメですか、わたすはジェットコースターや落下マシーンのようなものが大大大きらいでし。人がこさえたもんに事故や故障はつきものでしッ。わざわざお金あらってまで乗りたくあるません。友人I子がバイキングたらいう船型の乗り物に乗った際、隣にぶっといおっさんが座ったため、ヒザの上にのせる安全バーがおっさんの腿の高さで固定されてしまい、I子はヒザのとこがスカスカでマジで滑り落ちるような恐怖を味わったそうでし、ぶっといおっさん要注意でし。

>もしかしたら部屋の片隅で私のあんなトコロやこんなトコロを見ているかもしれません。

困りますたね、そんなことでは自宅に居ながらゆっくりおならもこけません。さんざんっぱら人を眺めて楽しんで、タダで済ませてはそいつの為にもなるません、キッ!
同じ見られるんなら屁をこく時そいつに向かってこきたいものでし。
Posted by 青グリン at 2010年11月20日 23:29
◆I先輩さん

>最近、寝続けるということができなくなったので青グリンさんが羨ましいです。

48時間眠り続けではあるません。ちょいちょい起きては寝るのでし。
奥秩父の山小屋、雪の露天風呂、男女混合登山、青春でし。良さそうでし。
ウォッカは冷やすとトロみがついておいしいと聞いた気がしますが、強いお酒飲んで風呂にあいったら体に悪そうな気がしますね、でもほんと贅沢なことですね。楽しかったことやろうと思います。露天風呂でみかんを食べるとうまいですよ、こんどやってみてください。山小屋の温泉は冬が良さそうでし、夏はヘビやクマが来そうな気がするからでし。温泉で真っ裸のとこにクマが来たらめちゃめちゃコワイと思いますからね。


Posted by 青グリン at 2010年11月20日 23:31
◆ひそちゃん

おお、その白馬の小屋で一週間こもるのはすごくいい体験ですたね。
なにもないとこに一週間一緒にいたら、たいがいの事が分かってきそうでし。それで大丈夫なら、結婚もできようというものでし。
またそのような場で、上手に火を使うだの、山での料理が上手だのといった男の実力を見せられると、信頼感がぐっとアップでし。女も便所が不便だの、髪を巻くのに電気がないだので不機嫌になるなどなく、機嫌よく一緒にいてくれる人なら可愛さぐっとアップでし。
雪山で晴れた夜空ってキレイなんやろねー、空気がうまそう、なんかそうゆういい空気すいたくなってきますた。寒いとこで温かく着込んで、ほっぺただけひんやりする感じはとても好きだッ。
Posted by 青グリン at 2010年11月20日 23:33
◆ひそちゃん

おおー、名古屋の古戦場ホテル、そうゆうのホンマにあるのでしね。あるのでしね。ガクガクガク。
その部屋に出てくる者たちは一体全体どうして欲しくてそんなことをするのか。単に人を怖がらせるのが目的の愉快犯的な者か、なにか知らせたいことがあるのか、嫌がらせ目的の変態か、なんの恨みもないシトの安眠を妨害するのでしから、どうゆう了見でやっとるのかハッキリしてもらいたいものでし。キッ!
ガタガタしたときに「うるさいッ!」とどなるとどうなるのでしょうか、わたすはイヤやけどおかみさんやってみて。
言いたいことがあるなら「ちょっと聞いてください」とか「冷蔵庫のもの飲んでいい?」くらいな出かたしてくれれば、こっちだってホテルの冷蔵庫にあいってる、高い割りにしょぼいおつまみだっておごるくらいの事はしてもいいでし。
だのに、どうして宿泊客を脅かすばかりでいいのでしょうか、それで気が晴れるのでしょうか。ガタガタさせるだけの実力があるなら、もっと喜ばれることをしたらいいのにと専務の話読んで怖かったので、マジでそう思いますた。あーもー、古戦場でなんぞ無念がある上に、後々まで無関係な人々に怖がられたり嫌がられたりするなど、そんなことでいいのか、誰かがギッチリ意見したほうがいいでし。わたすはイヤですからおかみさんお願いでし。


Posted by 青グリン at 2010年11月20日 23:40
思い出深いホテルと言えば、東京は新宿の◯シントンホテル、開業して間もない頃。出張で利用しました。翌日のプレゼンのためにゆっくり休もうと夕食から部屋へ戻ろうとしたとき。
エレベーターが途中階で止まり、細身のきれいなアジア系外国人女性が乗ってきました。宿泊階から上の階へ上るというのはどういうことだろう?と不思議に思っていましたが、私が、私がエレベーターを下りて部屋へ向かっているとついてくるのです。部屋の近くまで来たとき「少しお時間宜しいですか?」と微笑みながら呼び止められました。私は本能的にこれはマズイと感じたので、「忙しいので宜しくないです」とあわてて部屋へ入りました。当時は20代で純真無垢でしたから怖かったです。あのぉー、誤解のないように言っておきますが、今、同じことがあってももちろん同じ対応をしますでし。

Posted by I先輩 at 2010年11月23日 23:14
◆I先輩さん

放置してもて、すみすみませんッ!
おおッ、新宿の◯シントンホテルでそんな思い出がッ、今わたすの脳内にあの名曲「♪メロディー・ダムール・シャンテ・ル・コー・デマニエ〜〜ル キ・バ・コー・ア・コー・ペルドゥー」が流れますた。わざわざ調べますたッ。I先輩のためだけに下に青くピカらせておきますたので聞いてみてくだサイッ!怖かったのですか、そうですかそうですか。エマニエ〜〜ルじゃなくてアニータみたいな感じだったのでしょうか、「なんでー、わたしー、返すことなーい!わたしーくれたからもらっただけー、悪くなーい!」と言っていたアニータのことがわたすは好きですた。その細身のきれいなアジア系外国人女性が、ニホンで安くコキ使われるだけでなく、手堅く稼いで帰ってくれるならまだしも、I先輩に声をかけてる時点で商売が上手いように思えませんッ!どっかの悪いのが付いてていじめられてるんじゃいかと思うと、その子が心配でし。できれば悪いのと手を切って、シッカリ時間給でもらえるような仕事をすすめたいでし。うっかりキレイに生まれるゆうのも良し悪しでし。

http://www.youtube.com/v/VjcssfXQ-kY?fs=1&hl=ja_JP"


Posted by 青グリン at 2010年11月25日 23:17
◆誰かおしえて

急に文字がちっさくなりますた。どうしたら元にもどるんでしょうか。
エマニエルを貼ったのがよくなかったのか?
Posted by 青グリン@だれかだれか at 2010年11月25日 23:36
◆なおりますた

なおりますた。
Posted by 青グリン@なおったなおった at 2010年11月25日 23:55
文字が回復して良かったですね、エマニエルのたたりでなくて(私に遠因がなくて)ホッとしました。

>エマニエ〜〜ルじゃなくてアニータみたいな感じだったのでしょうか、

それがですね、どちらとも違う感じです。
身なりはピシッとしていて歳は30代でしょうか。知的な雰囲気を漂わせておりました。顔は芸能人に例えると(古いですが)マリーン(歌手)風だったような‥
怖かったですが、貴重な経験と言えなくもないですね。
Posted by I先輩 at 2010年11月26日 01:16
◆I先輩さん

あい、エマニエルは悪くありませんですた。自分がなにかをどうにかしてたもよう。それを自分でなんかかんかしてたら治りますた。エライぞオレ。

おお、エマニエルでもアニータでもなくマリーン、マリーン細身のシュッとした美人でし。仕事ではなく、ほんまにI先輩をナンパしたかったのかもよ。わたすのともだちに電車で見かけた人がカッコ良かったから「興味あるのでお友だちになりたいです」と、まったく裏表もない、またはミもフタもない声かけをして付き合いだした子がいますたよ。ものごっつーマジメな子ですたので、その後まじめにお友だちになったもよう。あまりに正直&少し変わった人柄に、男もだんだん惹かれていったもよう。惜しいことしますたね、どうゆう目的で声かけてくれたのでしか?僕をどうしたいと思って声かけたのでしか?なんでなんでと質問したおしてから断ったら良かったのにー。

Posted by 青グリン at 2010年11月28日 00:29
「興味あるのでお友だちになりたいです」って凄いお友達をお持ちですね。まあ、しかしよく考えてみるとナンパが成功したっていう話ですよね?私にとってナンパって別世界の話です。そういう意味でも凄いですが(笑)

>惜しいことしますたね、どうゆう目的で声かけてくれたのでしか?僕をどうしたいと思って声かけたのでしか?なんでなんでと質問したおしてから断ったら良かったのにー。

そうですね、コーヒーでも飲みながら異国の面白い話を聞いたりして楽しい時間を過ごすことができたかもしれません‥ 
いやいや、そうじゃない!あやうく青グリンさんいのせられるところでした、危ない危ない。
翌日は英語のプレゼンが控えていて極度に緊張していましたから、早く部屋に戻って予行演習をやらねばという気持ちがありました(汗)
Posted by I先輩 at 2010年11月30日 21:39
◆I先輩さん

すごい放置ごめんなさいごめんなさい。今日ちょっと用事あったのでその準備してますた。
>凄いお友達をお持ちですね
そうなんです、S丘さんもう何年も音信不通なのですが、頭が良くてマジメで、驚くほど素直正直率直なのでし。少しサーヤ様風味で素朴なのですが、こうと決めたら一直線、誰もS丘さんを止められません。ほんとにナニかやり遂げるのはこうゆう人ではないかと、常々あこがれていますた。そして時々「なんでそれをS丘さんがッ!?」と思うようなことをやらかすのですた。

>私にとってナンパって別世界の話です。
あい、わたすもしたこともされたこともあるません。よっぽど誰の目にもとまらなかったもよう。思えばジミな青春ですた。しみじみ・・・。

>あやうく青グリンさんいのせられるところでした、危ない危ない。

最近、歌舞伎の人が飲み屋で血が出るくらいシバかれて、あわててステテコ姿で逃げたとニュースで読みますた。ステテコは夏のものだと思っていたので、冬はパッチじゃないのかと少し不思議に思い、印象に残るニュースですた。そうでし、このように東京には危険がイッパイなのですた。そのマリーン似とお茶してたら、コワイ兄さんがやって来て「誰のオンナにちょっかいかけとんじゃオラー」とインネンつけてくるかも知れませんですた。こんど見ず知らずの美人に声をかけられた時は、お金払ってくれたらつきあいますよ、と言ってみたらどうかすら。商売の人もナンパの人もスーっと引くんじゃないかと思いますよ。
Posted by 青グリン at 2010年12月04日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。