2010年04月11日

カッパの供養

今日は納骨をしてきますた。母親のもまだ納骨してなかったんです、父親が体調良くなかったのでのびのびになっていたのです。「これはもうお父ちゃん死んでから一緒に納骨やな」「そうして・・」と言ってた通りに仲良くふたり一緒にお墓に引越し。あいにくの雨でしたが桜はキレイに咲いていました。今日にしたのは母親の命日でもあるからです。やれやれ、とにかく納めたので少しホッとしました。

帰りにせんちゅーでこんなん買いますた。どっこいしょ。
こんなん買うてきますた

花でも買おうと寄った店に見たことない木が、「シキミの仲間でとても香りが良い」とか「育てやすい常緑の木」とか、書いてあります。わたす、シキミの葉っぱくさい匂いけっこう好きなんです。これはなかなか変わってていいじゃないのと思ったわけ。なんとなく供養の記念に育てようかいなと思いますた。シキミの仲間やし。
どんなんですか

イリシュウム・フロリダナム、赤花シキミゆうんだそうです。こんな赤い花が咲きます。今はまだつぼみ。その花屋さんでは鉢類は売ってなく、ビニールポットのままで購入。
赤花シキミ

近所の花屋さんに鉢を買いに行かなくちゃ。もっかい出かけるとするか。
これに合う大きさの鉢下さい、どんなんありますか?とビニールから出すと・・・花屋のおばちゃんが「うわ!なにこれ!」と鼻を押さえます。え?クサイですか?わたしいいと思うんですが・・・「いや〜。わたしこれアカンわー」そうなのか?この木クサイのか?そうか人によっちゃーイヤな木なのかも・・・。しかし気をとりなおして鉢を購入。
さっそく入替え入替え。よし。
鉢をいいのにしましょうね

供養と言えば、先週友人Kさんがお父様の一周忌でスペインから帰国しました。Kさんは人形作家(作家とか言うの嫌う人なんですが)で活躍されていて、わたすが敬愛する大好きな人。彼女のお父様の喉仏がものすごくキレイな形だったことを思い出し、お父様への愛情をこめて喉仏さんの人形を創られたのです。うちの父親の喉仏もとてもキレイに形が残ったんで、その話を電話でしてたら、帰国のお土産にこの人形を下さったんですよ奥さん。うれしかったー。
喉仏さま

赤い花をつけるシキミと喉仏さん、わたすの供養はこうゆうふう。ナムナムナム。だいすきだいすきナムナムナム。木はクサイけどナムナムナム。しんみりしない供養がいいでし。
カッパの御供養


posted by 青グリン at 21:29| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喉仏様、ちょっとタイの仏像のようなエスニックな風情ですね。
シキミの親戚と、よく合う眺めです。
今日は北海道を除いて全国的に湿っぽい天気でしたね。
「四月の雨」と言うには少し肌寒い陽気でしたが、
ご両親を無事に送り出せて、よかったです。

我が家もようやく片づいて、かなり前からここに
住んでいる雰囲気になってきました。眼下の手の
届きそうな場所にぐれこの通う新しい幼稚園が見えます。
先週、入園式があり、おかげさまで彼も元気に
徒歩で通っております。
仕事は不安だらけですが、彼の笑顔に救われております。
Posted by あんぐれっちーに at 2010年04月12日 00:00
◆あんぐれっちーにさん

あい、今日はちょっと寒かったですね。お引越し片付きますたか?引越しが多いのは大変でしょうが、ご当地ごとの美味しいものを食べられるのはいいですよねー。
喉仏さんね、この写真がヘタなので見えにくいんですが、衣を纏ってるんですよー。喉仏ってきれいに残ると本当に仏様みたいな形してるんですよ。それで羽衣を纏ってるんですよー、ちっさくてカワイイんですよー。これを見ておお、そうそうイメージはこんな感じと感激しますた!
ところであんぐれさんは自分がぐれこくんを置いて先立つとき、心配で心配で成仏できないんじゃないかとこっちが心配になりますよ〜。一旦成仏してから守護霊さんになってがんばりましょう。
ぐれこくんすぐ近所に徒歩通園いいですね、朝余裕でゆっくりできるでし!また新しいおともだちたくさん出来るでしょうね。
Posted by 青グリン at 2010年04月12日 00:50
>イリシュウム・フロリダナムナムナムナム…
せんちゅーはいいもん売ってますね。シキミのニヨイ、私も好きなほうです。

喉仏さんとシキミの仲間さんがいるとお父さんとお母さんに見守られてるような感じがしますね。グリンさんらしい供養で良いなーとしみじみ思いました。
Posted by ひより at 2010年04月13日 17:35
お疲れ様でした。
仲良しのお父さんとお母さん、桜に見守られてふたりそろってお引っ越しできてよかったです。今年の桜はがんばって長く咲いてましたからね。

喉仏さんを作ってくださった友人Kさん、いい方ですね。H松さんといい、グリンちゃんのまわりにはほんとにいいお友だちがたくさん。お父さんもお母さんもきっと安心されていることと思います。

シキミってどんな花か知らなかったので、ウィキってみました。ほうほうほう、仏様のお供えによく使われるんですね。でもって赤花シキミはそのお仲間なんですね。ニヨイまでは分からなかったのが残念です。ウィキの限界です。今度近くの園芸屋さんに行ったら、見つけてくんくんしてきます。

Posted by にんじん at 2010年04月13日 18:51
◆ひよりさん
せんちゅー、たまに行くと意外となんでもあるでし。今度せんちゅー行く?こじゃれた感じにしようとしている気持ちは伝わる喫茶店もありますので、茶しましょうか。百貨店ミニもスーパーもあるので、お互い夕飯の買い物して帰りましょう。
ところでところで、フロリダナムナムってシキミって実は猛毒やという事が判明しますた。実だけの売買は禁止らしいでし。八角の実と同じ形なのですが、まつがいて食べたらいけないそうでし。そもそも虫除けにもなり香りが強いからドライアイスもなかった昔は、弔事の際にちょうど良かったんでしょうね。せんちゅーの花屋のシト、そんなこと一言も言いませんですたッ!近所の花屋さんのあのイヤそげな感じ、それでだったのかなー。虫除けになるなら部屋置きせずベランダで育てようかすら。
Posted by 青グリン at 2010年04月13日 23:01
◆にんじんさん
あい、今年のサクラは長く咲いてますたね。お花見しますたか?
あい、わたすのおともだちみんなエエですよ。
>シキミってどんな花か知らなかったので
花だけじゃなくシキミ自体ご存知なかったでしか?わたすは毒があるってさっき知りますた。ウチではシキビと言っていたんですが、関西ではお葬式のときシキミをおくったりします。関東だと葬式の花輪をおくるんじゃなかったでしょうか?でもなー、にんじんさん元は名古屋だらー?キメる時は派手にキメずにおられない名古屋人、弔事にも名古屋だけの秘密の風習があるでしょうか。
Posted by 青グリン at 2010年04月13日 23:23
お休みのあいだにご両親のお引っ越しを済まされたんですね。お疲れさま〜。今年も11日は穏やかに晴れましたね。

シキミのことは私の祖母も「シキビ」と呼んでいました。「キ」アクセントでいいのよね?関東では扱っているお花屋さんが少なくていつも探して買っていたので、仏さまにシキミってのは関西中心の風習なのかも。調べてみたら漢字で「梻」って書くんですね。

前の記事で、お母さんの病気のことを調べるためにPC買ったって書いてたでしょ。お母さんがグリンちゃんを私たちに引き合わせてくれたんだな と、ふと思いました。
Posted by ひそそか at 2010年04月14日 01:21
ああっ!漢字が化けている〜。
「木偏にホトケ」です。難しいほうの「佛」。

ところでせんちゅうーってショッピングモールみたいなとこ?とよく考えたら地名の省略形なのかもと思い当たりました。あってる?
ちなみにここいらの地元の中学校もせんちゅーです。
Posted by ひそそか at 2010年04月14日 01:25
シキミてどんなニオイなんやろう。僕はユーカリの葉っぱのニオイが好きなのですが、昨日からパースというところに来ていて、なんとここは街路樹がユーカリなのです。道を歩いているとクンクンといいニオイがします。コアラの気持ちがよくわかります。

せんちゅーは地名の省略形ですが、何の省略形なのかは僕は教えてあげません。
Posted by yas at 2010年04月14日 18:50
◆ひそそかさん
11日ねーこっちは雨降ってますた。寒いのか暑いのかよく分からない日ですたよ。
シキビそうでし「キ」がアクセントでし。関東ではあまり売ってないんですね。
お祖母さまがヒッシのパッチでシキビを探したのですね、そーゆうの慣れしたしんだ方法でやりたい気持ちなんか分かりますねぃ。まんまんちゃんあん!でもシキビに実が成るってわたすも知らなかったでし。
>お母さんがグリンちゃんを私たちに引き合わせてくれたんだな
わたすもそう思うでし。やっぱりPCで出会ったシトもエエシトばっかりですたからね。
Posted by 青グリン at 2010年04月14日 23:56
◆ひそそかさん
漢字がバケてるのは、やっぱり縁起悪い木だからでしょうか。ガクガク。

せんちゅーと言ったら千里中央のことに決まってるやろッ!駅では電車が来るときの音楽がフニクラフニクラでしッ!
Posted by 青グリン at 2010年04月14日 23:58
◆yasさん
シキミのニオイ、こんど葉と猛毒の実を押し花にして送りましょうか?
パースはユーカリが街路樹なんですか、ユーカリのによいはわたすも大好きでし。風邪のときは一段といいによいに感じます。ユーカリはす〜っとしますからね。コアラは新芽しか食べないそうでしが、一日中ユーカリにつかまってクンクンしながらぽ〜っと半分寝てるような生涯、うらやましいものでし。え、やっさんコアラの気持ちが分かりますか?やっさんの顔で姿がコアラ、ちょっと想像してみますた。木に巻きついてぢっと寝てたら、そーっとうしろからカンチョーしてビックリさせてみたいでし。うろたえるコアラかわいいと思うでし。
せんちゅー、ひそにバラしてすまいますた。簡単に教えずもっとイライラさせたほうが良かったでしょうか。
Posted by 青グリン at 2010年04月15日 00:01
うちもシキビとよんでますね。
お葬式は花輪ではなくこっちです。

実がなることも、赤いのがあるのも知りませんでした。
ナムナム。

先日、お墓の掃除に行ってお寺に傘を忘れてきてしまいました。
ビニ傘教をからかったからバチがあたったです。
Posted by Luna at 2010年04月15日 08:35
◆Lunaさん

あい、シキビ派にまた一票でしッ!実も花もわたすだって知りませんですた。実はゼッタイ食ってはいけません。中華料理でつかう八角と同じ形の実なので、いかにもお料理につかえそうに見えますよ。日本のシキビには白かクリーム色の花が咲くようでし。
ふつう苗木を買うと、なんとか科の何年草のどんな水やりするの、日陰を好むの好まないのと、説明がタグの裏に書いてあるのでしが、フロリダナムナムは「癒されるさわやかな香り、葉をさわってください」だの、「北アメリカ原産のシキミの仲間」だの、「睡眠前に葉に触れると穏かな気持ちに」だの、いいことしか書いておらず、具体的な育て方は無視ですた。
近所に鉢を買いに行った店のおばちゃんは「ウッ!クサッ!」と言いかけたのをぐっと飲み込んで「なにこれ!」と言いますたので、さわやかと思った自分の鼻にまったく自信がもてなくなりますた。

お墓のお掃除してきますたか、江戸で修行中のイナモトくんのことをご先祖さまにしっかり頼んできますたか?
Posted by 青グリン at 2010年04月15日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。