2009年11月01日

老いの流刑地

父が入院してるので、たびたび病室に行く今日この頃。
そばにいるからといって特に会話がはずむこともなく、本当にただそこにいるだけになるんですが、わたしはベットの横で本を読んで過ごして、時々用事をするような感じの付き添いをしてます。
そんな時に読む本は、筋を追うのが楽しく、読みやすい文章で、たびたび読むのを中断しても、再開したらまたスラスラ読めるものがいいです。反対にちょいちょい中断するのがイヤになるような、気持ちが入り込むタイプの本は良くありません。
今日、なにを思ったか、○の流刑地文庫本を手にとってしまいますた。魔がさしたとしか言いようがありません。病院本には「笑える」というのも結構いいポイントなので、いいかな?と思ったのは甘かった。
自宅で新聞取ってた訳じゃなかったので連載中、飛び飛びにしか読んでなかったのですが、まとめて読むとかなり胃にもたれました。(初めてのときなぞ、服を脱がすまでに5ページくらい使ってますた)
読みながらウキャ!と笑ったりするので、父がどうしたんや、という顔をして見ていました。

そんな流刑地な付き添いをしてたのがいけなかったのか、おやつの時間に父が突然変なことを言い出しました。腕時計をじっと見て「おかしい・・」グリグリと時計を指で挟んで「これが出てこんから、食べられん」 「え、なにか出てくるの?なにが出ないから食べられへんの?」と聞いても無視・・・。そのうち「もう、わからへん」とつぶやいておやつを食べ始めました。
昨日もおやつの時に変なことを言いました。リモコンを手に「テレビに長いのんが出てこんから、それ(お茶を指差して)が頼まれへん」と言って困っていました。
認知症キターーー!と思ってオロオロしました。でも、病気や薬の作用が原因かも知れないので(両日とも3時ごろなので、昼食後薬になんかあるのかもと思い)、病院と患者・家族の双方で記入できる日程表(検査の予定やら入浴した日やら、ちょっとした変化など記入するもの)があるので、『昨日今日、突然意味不明の言動ありました』と記入したんですが・・・。
父がそのメモを見て「変なこと書かんといてくれッ」と気分を害してしまったので、棒線を引いておきました。シマッタこれは私が無神経でした「イヤ、ボケたとか思ったんじゃないよ〜」ごめんねごめんね〜と栃木弁で言い訳しときましたが、それにしてもウルサイ男です。普段は口重いくせにッ。キッ!
お医者さんは病気や薬の影響もあるかもしれないし、様子観察しておきますとおっしゃいました。そんなん書くなと怒られたと話すと、ナースさんは笑っていました。わたしも笑ったけど。

まあ、そんな事もあるけど、病室で本を読む時間は好きです。ずっとこうして本を読んでいられたらいいなと思います。
それから、読む本はちゃんと選んだほうがいいです。


今日は時代劇やってないね
(今日は時代劇がないのか、そうなのか、ならば仕方あるまい。爺はひとりうなずき画面に見入る。)
posted by 青グリン at 00:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局最後まで謎の言動の種明かしはなしですか。気になる。

今からあの小説を読むんですね。それはそれは。携帯で副読本にアクセスして、対比させながら読むというのが正しいと思います。あ、でも病院だと携帯使えないですね。

テレビに映ってるのがレッドキングかなと思って拡大しようとしたら、「非公開の画像でし!キッ!」と怒られました。ごめんなさい。
Posted by yas at 2009年11月01日 12:26
↑遠慮会釈なく派手に2ゲットなんかしてるので誰かの裏HNか、ササミさん的ルールのコメント欄になったのかと思いますた。市蔵さんの謙虚さを見習ってほしいもんです>ブタゴリラ(呼び捨て)

私も笑える本として○の流刑地ちょっと読んでみたいと思っていますた。ブック○フの100円コーナーで見つけたら買ってしまうかもしれません。
○ックオフでは映画のオフィシャルガイドを見つけたことがあるます。キクジさんのセリフについて大真面目に解説してあるのがウケました。でも高かったので買わなかった堅実な私です。

私も腕時計をグリグリしてみましたが何も出てきませんでした。もう、わからへん…。
Posted by ひより at 2009年11月02日 22:57
◇yasさん

>結局最後まで謎の言動の種明かしはなしですか。気になる。

意味不明の言動の理由ですか?もッ、わたすこそ知りたいでし。昨日今日、二泊三日で外泊で帰宅してたんですが、実家でも意味不明ありますた。本人も「わし、おかしいんやろか」とあとでしょげてますた。薬だとしたらこの薬じゃないかなー、と思うのがあるんですが、単なるボケかも知れません。
あの小説を通読してしまいますた。副読本がいかに優れた副読本かよく分かりますた。
「非公開の画像でし!キッ!」・・・え?そうなの?と思ってわたすも拡大しますた。わたすが非公開にしたわけじゃありません。なんでそんなに怒られるのかわたすにも分かりません。あい、たぶんレッドキングでし。とうちゃんはテレビばっかり見てるのでし。藤原紀香の入浴剤のCMになるとあきらかに注目具合が変わります。とうちゃんはスケベなのかも知れません。

Posted by 青グリン at 2009年11月03日 21:09
◇ひよりちゃん
急に寒くなりますた。二泊三日留守にしてただけで、木枯らし一号に乗ってブタゴリラがきますた。やらしいだけならまだしも、書いとる事がきちゃならしいので、もう怒りますた。ぶちゅんと消しておきます。キッ!

お!まってまって、ブックオフで買うことありません!貸すでし、貸すでし、なんならあげてもいいでし。もうもうもうもう、あの名台詞がよみがえります。「おのずと前は開けてくる」で声を出して笑ってしまいますた。

ひ、ひよちゃんも時計をグリグリしますたか?困りますた。オロオロ。みんながわからへん世界の住人にッ。わたすもどうしていいのか分かりません。そんなにも人の心を惑わせる悪い時計なんか、もう捨ててしまえッ。キッ!踏んでやる踏んでやる。エイエイ!
Posted by 青グリン at 2009年11月03日 21:42
ああっ、「変なこと書かんといてくれッ」とせっかく抗議したのに、全世界に向けて書かれてしまった可哀相なとーちゃん!グリンちゃんたらなんてことすんのさー、キッ。
でもグリンちゃんの気持ちわかりますわかります。私も梅子の大根赤ちゃん発言に相当オロオロしましたが、あとになってから可笑しくて書いてしまいました。
とうちゃんは飲食にあたって、何か長いものが必要なのかもしれませんね。その長いなにかは、機械系のところからズルズルビローンと出てくるのでしょう。

このテレビは100円入れて見るヤツですか?ずーっと画面を見ていると目が疲れてくるかもしれないから、時々面白い本を読み聞かせてあげるといいかもしれないよ。でっかい声で「愛ルケ」を音読したら他の病室からもスケベな患者さんが押し寄せて、賑やかで楽しい病院ライフになるかもしれんで。
Posted by ひそそか at 2009年11月03日 22:12
◇ひそそかさん
や、やっぱりバラされてしまったらとうちゃんの立場がなかったでしょうか。しかし、こうゆうのはこっちにも軽いショーゲキですたわ。あい、なんか長いもんがいるようですた。もしかしてリモコンとケータイを間違ってるのかな、と思いますたがお茶との関係が分かりませんですた。
テレビはカード式で千円で買います。そうそう、テレビばっかり見て入院してると皆ぼんやりしてくるんですよね。左の耳が聞こえないから右耳にイヤホン入れて(それもおっきい音で)るので、いい方の耳まで悪くなりそうでイヤなんでし。あいッ、愛ルケでもいいから読んでやりたいところでし、耳が遠いから、廊下まで響けとばかり大っきい声で朗読でし。ひひんの声がこだまするでし。いやですいやですと言いながらノリノリのヒロイン、お爺さん好みかもでし。
しかし突然のこの寒さ、白いスリップよりババシャツでし。
Posted by 青グリン at 2009年11月03日 23:05
寒くなりましたね。
私も白スリップより。湯に黒のヒートテックです。
首、手首、足首を暖かくしておくといいそうです。ヨガの先生が言ってました。

>読むのを中断して、再開してもスラスラ読めるもの。
新聞の連載小説の必須条件ですが、あれはひどかったですね。






Posted by Luna at 2009年11月04日 16:09
◇ Luna さん
あいッ、寒くなりますた。今日はズボンの下にハイソックスあいて会社いきますた。くるぶしからヒザまでの間、ちょっと生地でくるむとくるまないでは体感温度がゼンゼンちゃいますね。キッ!
首と肩を冷やすと肩こり頭痛がするので、これからの季節、ネックウォーマーが欠かせません。ヨガの先生の言うとおり、手首足首もあっためておきますね。ものすごくオバンくさいでしが、就寝用の羽毛の肩掛けも愛用してるでし。ああ、これでこめかみに四角く切った膏薬でも貼れば、オバン風味いっそうでし。いいの寒くさえなければ。キッ!

文庫本ルナさんにもお貸ししますよ。ほらほらほら。そんないやがらんとホラ。確かにひどいんですが、ページ毎におもろい独白満載でし。
Posted by 青グリン at 2009年11月04日 20:36
出遅れました出遅れました。
先週よりは暖かい週末、グリンちゃんは今日もとうちゃんのベッドの横で本を読んでいるのかな。
あの小説、改めて読むとすごそう。副読本ないとキツそうでし。自費出版して3冊セットで売ったらよかったのにねー。

最近は時代劇が少なくて、とうちゃんさびしいですね。時代劇専門チャンネルとかあると、結構需要がありそうな気がするんだけどなー。

>意味不明の言動
うちはぼーずの熱が39℃を超えると意味不明の言動を始めよります。夜中に飛び起きて「玄関に○○ちゃん(←イトコ)が来ている」の「靴下がないからだめになった」のと唐突に言い出すので、「脳症か!?」とオロオロします。初めてのときは救急病院に半泣きで電話して、「まずお母さんが落ち着いて」と叱られました。
でもコワいよね。日常と非日常の壁をひょっと超えちゃったような気がするのよー。
Posted by にんじん at 2009年11月08日 15:48
◇にんじんさん
あい、寒い日もぬるい日も、病院で本読んでますよ。あい、あの本、あらためて読むとすごいでしよ。こうゆう文章を表すコトバって、どうゆうんだっけ?ちょ、ちょうじょう・・・じょうじょう・・、なんかそんなヤツ・・・と、辞書引きますた。あったあったッ冗長ですたッ!やでやで、突き止められてス〜っとしますた。『文章・話などが、むだが多くて長いこと。また、そのさま。』もうピッタリでし!エロ場面がオール冗長でし。いっこうにエロイこともヤバイこともなく、ほのぼのとしたマンネリ仕事ですた。主人公は相変わらず自己チュー炸裂で、ああ、こうゆう男だったなあと懐かしくさえありますた。
風呂の中で屁をこいたような、塗り箸でとろろすくうような、のれんにもたれて麩を噛むような、モヤモヤしたヒロインの小説を読んですまったので、キリっとした女の人の本が読みたくなり、本棚からそうゆうの探しますた。その中で千葉敦子さんの「わたしの乳房再建」で、ズン先生の医療系小説にキチンと異を唱えておってわたす的にタイムリーですたよ。有吉佐和子さんの「女ふたりのニューギニア」もかなーり古い本だけど、すばらしい女傑の女学者さんの、ひとりぼっちジャングル奥地での奮闘ぶりがさわやかですた。病院本には「笑い」もだけど「痛快」もけっこういいポイントでし。

ぼーずくん、39度以上も熱がでたことありますたか。そらー心配したことでしょう、そうゆう時親って、ほんっとーに、代わってやりたい、って思うらしいですね。ああ、とうちゃんが息子でなくってまだ良かったでし。
Posted by 青グリン at 2009年11月09日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131704480

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。