2009年09月21日

娯楽の殿堂

カーテンを開けて陽の当たった床はポカポカ、なのに窓から入る風は乾いて爽やか、ああ秋ですね。夕方6時に暗くなるのはさみしいですが、快適な季節です。
そんな秋のとある休日、娯楽の殿堂、天満繁昌亭に落語を聞きに行ってきました。
さ、天神さんに向かって行くわよう。
天神さんに続いてます.JPG

あい、入り口です。軒からミストシャワーが出ています。ドライ・ミストなので霧にあたっても濡れません。でも涼しいんですよ。訪れた客には良いサービスと言えましょう。
繁昌亭入り口.JPG

本日の番組はどうなってますかね。あい、こうなってますよ。
繁昌亭本日の番組.JPG

私は休日が土日祝日にまったく無関係なため、この日も平日でした。昼寄席に行ったのですが、1時から4時ごろまでたっぷり10人の落語家さんの番組を楽しめます。それで2千円という価格は値打ちある気がします。

創作落語も古典も大好きです。この日は『貧乏神』が聞けました。『貧乏神』というはなしは、怠け者の男にとり付いた貧乏神が、男のあまりの怠けぶりに耐えかねて、貧乏神みずから働いて男を養い始めるという面白いはなしなんですが、貧乏神が男と別れて出て行くくだりは、落語家さんが上手いから、なんかホロっとさせるんです。話芸ですね。
繁昌亭に行った2日後に、朝5時ごろNHKで枝雀さんの「貧乏神」やってたんですが、そこは天才枝雀さんのこと、やっぱり笑わせてホロホロホロッとさせられました。それの解説を雀々さんがやっていたのが、師弟愛を感じさせてまた良かったんですよ(米朝一門会で雀々さんの落語を聞いて以来ファンになってしまいますた)。

私は落語に詳しくはないですが、落語は聞いて笑ってスッキリするところが大好きです。
この日は朝にお父さんからSOSが入ったので実家に寄り、落語はキャンセルするとこだったのですが、一緒に行く人のチケットも私が持っていたためキャンセルも出来ず、相手とランチの約束は破ってしまったけど、ぎりぎり開演に間に合って聞けました。

やっぱり聞いてスッキリしました。落語で笑うのは体によろしい。
せっかく平日に休みがあることだし、月にいっぺんくらいは通いたいと思いますた。
posted by 青グリン at 22:34| Comment(39) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいです。ちょうど二年前の今頃に私も繁昌亭行きました。
頭上から提灯が迫って来る感じしませんでしたか?
笑丸さんてやや若手の人ですよね?私が観に行った時は普通の落語のほかにウクレレ漫談なんていうのもやってくれて面白かったのです。(色々記憶違いがあるかも)
あれから大阪を離れ、容易な事では行けなくなりました。あの時、一度きりではありますが行っておいて良かったと思います。グリンさんは地の利を活かして大いに楽しんで下さい。
Posted by 市蔵 at 2009年09月22日 21:06
落語ですか、いいですね!
上方落語と言えばNHKのドラマ『ちりとてちん』を思い出します。面白かったですね♪
私は大昔に一度だけ東京新宿の末広亭に行ったことがあるのですが、舞台と客席がけっこう近いのが印象深かったです。
ところで上方落語と東京の落語というのはかなり違うものなんでしょうかね?そんなことも良くしらないのですが。
Posted by I先輩 at 2009年09月22日 23:07
繁盛亭、何度か前を通ったことがあるのですが一度も見たことがあるません。2千円で一流の芸を見られるとは安い! 是非是非行ってみようと思いますた。
今年は枝雀師匠生誕70年なので関西では関連番組が時々あるますねー。私も先日見ました。なんだか神様が降りてきたような落語で、『天才』という言葉はこういう人のためにあるんやなーと思いました。もちろん雀々さんも大好きでし!

『ちりとてちん』おもしろかったですね!>I先輩。
某電鉄で草原兄さん(桂吉弥さん)をお見かけしたことがあります。
Posted by ひより at 2009年09月23日 17:37
◇市蔵さん
>頭上から提灯が迫って来る感じしませんでしたか?
あい。見渡す限りチョウチンチョウチンチョウチンチョウチンチョウチンチョウチン・・・と提灯責めですた。見上げるチョウチンチョウチンの隙間に天井の配管が見えますたので、これは天井の内装を提灯でごまかす提灯工法かもしれません。
府立の演芸資料館とちがって有志の寄付を募って建てた寄席なのでそんなところも好感もちますた。こうゆうもんは入れ物より内容でし!キッ!
笑丸さんの名前のある下の段は、夜の部の番組ですたので残念ながら見ていません。昼寄席では朱書きの名前のシトがものまねとマジックですた。マジックじんわりおもろい落語マジックですた!市蔵さんこっちに来られるときに寄席オフ会しようじゃないか。

Posted by 青グリン at 2009年09月23日 21:43
◇I先輩さん
あい、落語いいでし。「ちりとてちん」でも「ひぐらし亭」とゆう寄席を建てていますたね。
新宿の末広亭は今もあるのですか?一度行ってみたいものでし。何度も前は通ってますが入る機会がありませんですた。
わたしも東京の落語は聞いたことがないのでし。違いが分かりません。東京ではオチというところを上方ではサゲと言うんですね。
東京のはなしも面白いに違いあるません。そうでなかったら廃れてるはずでし。でも三平師匠の歌手の娘にはちょっとヒキますた。
そだ、繁昌亭もこじんまりしたところでしよ。落語を武道館やドーム球場で聞きたいとは思いませんからね。近いとこで熱演してもらうのがお得な感じしますね。
Posted by 青グリン at 2009年09月23日 22:04
◇ひよりはん
あいあい、ミニーが来阪したときも、前を通ったでし通ったでし。
枝雀さんは弟子筋さんからも、必ず「エエ人やった」の証言がされていますから、技量も人柄も抜群だったのでしね。オロロン。
落語は同じはなしでも上手いシトとそうでないシトがやるのでは、笑えたり笑えなかったり、ゼンゼン違うのがスゴイところでし。
ああ、貧乏神がさよならするとき、どうしてわたす悲しくなっちゃったのかすら。声色や間がいいと、本当にこっちの気分をそっちに持っていかれちゃうんですね。これは要注意でし、そうゆう話芸に長けた者がしゃしゃり出てきて場を仕切ったり、詐欺をあたらいたりしますと、簡単にだまされそうだという見本なのでし。このように落語を聞いてみるとイロイロためになるのでし。今度一緒に行きましょう。
また、寄席は口ベタで会話がはずまないシトのデートにも最適でし、笑わすのはプロにまかせて、出てきてお茶を飲んで、さっきは面白かったね、と話せばいいのでしよ。
Posted by 青グリン at 2009年09月23日 22:25
末広亭は今もやっております。
かなり昔に末広亭での寄席を放送していた番組があったと思うのですが、それで(テレビと言うだけで)勝手に大きなホールでやっているのだと考えていました。実際に東京に出てきて足を運んでみると想像したものとのギャップが大きくてより小ぢんまりして見えたのでした。

林家三平一家の行状には私もちょっと…
元々、三平さんが“昭和の爆笑王”と呼ばれている(らしい)こと自体、よく理解できておりません(笑)どこがそんなに面白かったのか、全く記憶にありません。
それでまた、正蔵を継いだり、三平を名乗ることを一大イベントにしようとする小朝の企ても“?”です。この息子達二人の落語を聴いたことがなく実力を知らないものですから…
立川一門のような芸に対する厳しさも必要じゃないかと。
Posted by I先輩 at 2009年09月24日 00:00
◇I先輩さん
今もありますか、おし、じゃ今度行かなければ。メモメモ。
わたすも三平さんの「爆笑王」の爆笑王ぶりを知らないので、それほどまでに爆笑王なら、それを知らずに損した気がするでし。
三平さんがあやくお亡くなりになったので、お弟子さんをたくさん育てられなかったのが一家の不幸でし。生きておられたら、一家もまた違ってたかも知れませんからね。他に弟子がいたら三平の名前はすぐに息子にいかなかったかも。世襲するなんて歌舞伎みたいな落語の家だなーと思いますが、どちらかと言うと狂言師の和泉元彌ファミリーに近いもん感じます。元彌さんも歌手の娘もプロレス出てますたし。な、なんで?と思いますたよ。芸能界の奥は深いのでし。
Posted by 青グリン at 2009年09月24日 22:05
のーっ、ニンゲンさるまわしの報告を読みに来たら落語の話がアップされていますた!また出遅れてしまったわ。

「貧乏神」、以前読み聞かせの時間に子どもの前で演りました。大笑いしながら聴いてくれたけど、そうか、ラストはじんわりホロリとさせてこそ味わい深い話になるんですね。確かに確かに。名人芸には遠く及びませんが、もちょっと稽古していつかまた聴かせてみよう。泣かなかったら最前列の子の頭を拳固でコツンと・・・ウソウソ。

落語家さんはひとりで老若男女を見事に演じ分けるのが凄いですよね。悪役も善人もボケも突っ込みも…キャラのデパートでし!
Posted by ひそそか at 2009年09月24日 23:36
◇ひそそかはん
そ。ニンゲンさるまわしをアップしてと書いていたけど、その前にこっちをアップしてすまっていたのですた。
ニンゲンさるまわしは、わたすがニンゲンのさる使いで、自前の赤い裏フエルト作務衣を着て登場し、おさるさんに輪くぐりさせますたッ。わたすは輪に火を点けて、ボンボン燃える輪にして迫力を出したかったのでしが、さる役が根性なしで火の輪は尻込みしよりますた。もっと言えば、さるの着ぐるみ着るのもチョットためらっていた始末。キッ!わたすなぞおととしはこれを着用して野球拳までやったというのにッ。まったく近ごろの若い者は意気地なしでいけませんな。ま、そねいな感じでやりますたよ。
おお、貧乏神を読み書かせとは、実に良いものを読み聞かせていなさる。サスガでしおかみさん。ホロっとさせるまで頑張れ、舞台で鍛えた女優魂見せるでし!キッ!
わたすもひそそか読み聞かせの会、聞いてみたいでし。おっほっほ、そう言えばソフトボールの実況は聞きますたよ。あれは実に感動的ですた。おっほっほ。
Posted by 青グリン at 2009年09月25日 00:19
ちょっとグリンちゃん!
いったいどこから突っ込めばいいのやら・・・

>赤い裏フエルト作務衣
自前?自前!!! なぜなぜそんな素敵なアイテムを持ってるの?!

>輪に火を点けて、ボンボン燃える輪にして迫力を
そらライオンやがな!ボリショイかよ。

>ソフトボールの実況
こ、こんなところで何を言うかッ、べし、べし!
カブ子と二人でそこへ直れ。成敗してくれるうぅ!
Posted by ひそそか at 2009年09月25日 00:29
◇ひそそかはん
オロオロしとる、オロオロしとる、ききき!おもろいでしおもろいでし!
あ、自前の作務衣、裏フエルトじゃなくて裏フリースのマチガイですた。ゴメンゴメン。2008年11月30日の記事の部屋着コレクションに載ってます。
ボリショイかよって言いますたね。ウン、わたすも少しそれを狙ったのだよ。BGMはオリーブの首飾りをエンドレスにしてやりますたよ。タラララララ〜ン。
ソフトの実況ね、あれはどうしてだかカブちゃんが送りつけてきたのー。わたすはいっつもいい子なのに、そうでないカブちゃんがわたすにいっつもナニかしてきますからね。わたすは、しらないしらないし〜らないッ。なので成敗はカブちゃんにだけお願いでし。
なんちゃってー、いつもお茶を用意してくれた近所のおばさんなどの事も実況に織りまぜてあって、大事にされてるソフトチームの子たちなんだなあとほのぼのしますた。ああゆうの、もっと年取ってから聞くと残しといてよかった〜ってゼッタイ思うでしよ。
Posted by 青グリン at 2009年09月25日 00:57
落語は「ちりとて」ですごく興味を持ったんですが、テレビでしか見たことがありません。寄席って楽しそうだね〜。
ひとりで何役も演じ分ける落語家さん、1000の仮面を持つ北島マヤのようです。

>寄席は口ベタで会話がはずまないシトのデートにも最適
いいなーそういうの。昼寄席にそういうデートっぽい若者はいませんでしたか? 

↑オタオタオロオロしているひそそかさんがかわいいです。ソフトボール実況中継聞いてみた〜い♪
Posted by にんじん at 2009年09月28日 16:39
>にんじんさん

>オタオタオロオロしているひそそかさん
ひ、ひとごとだと思って〜!
じゃあ私がさるまわしの実況するから、にんじんさんはサルの役で火の輪くぐりしてください。

ところで北島マヤ!
実家の近くの本屋さんで最新巻見つけましたよ。思わずまるごと立ち読みしてしまった。ああっ、亜弓さんがあんなことにーーー!!

関係ないお喋りしちゃってゴメンネ〜>グリンちゃん
Posted by ひそそか at 2009年09月28日 20:43
>私がさるまわしの実況するから、にんじんさんはサルの役

わ、分かりました。グリンちゃんと3人で秋のイベントに出演しましょう。ウキッ。うまくできたら「この子…完璧に猿の仮面をかぶっているわ…恐ろしい子」と月影千草風に解説してください。高笑いもつけてください。

>まるごと立ち読み

いい根性してはりますねー奥さん(笑)。
ところで実家の近くの本屋さん、単行本にビニールカバーがかかってないんですか? 私もそこに行って立ち読みしたいでし。

>亜弓さんがあんなことにーーー!!

思わず「きゃー!!」な展開でしたね!ああ、早くつぎが読みたい〜。

>グリンちゃん
関係ないお喋りしちゃって(以下略)

Posted by にんじん at 2009年09月29日 01:27
>にんじんさん
月影先生、のだめの最新巻にも友情(?)出演しておいででした。
のだめ衝撃のヨーロッパデビューの会場で、ちっさく一コマ。
もちろん台詞は「おそろしい子!」(笑)
Posted by ひそそか at 2009年09月29日 13:22
>のだめの最新巻
えっ月影先生、2コマ出てはりますよ。
のだめのテレビ放映をワイン片手でご覧になっています(133ページ)。

ところで亜弓さんの「きゃー!!」な展開ってなになに〜??? かなりブランクがあるので数十巻立ち読みに通わないといけませんーー。

>グリンさん
関係ないお喋りしちゃって(以下略)
Posted by ひより at 2009年09月29日 18:26
わー、落語やソフトボール実況中継のことを書こうと思ってきたのに、関係ないお喋りしなきゃいけない雰囲気なので・・

にんじんさーん、貸してー♪
Posted by カブ子 at 2009年10月01日 02:07
あら。本文とささやき、誤解を生みそう。
にんじんさんにお借りしたいのはマヤさん。
ゲストの月影先生は、ひそそかに借ります。
Posted by カブ子 at 2009年10月01日 02:12
>カブちゃん

ガッテンです。
ああ、近ければひよちゃんにも44巻どさっっと貸してあげられるのに。桜小路くんが相変わらず片思いしていて優柔不断なことも教えてあげられるのにー。
思えば私のガラスの仮面、20年以上前から色んな人のおうちをめぐっています。
Posted by にんじん at 2009年10月01日 02:44
あ! にんじんさんが現実逃避中だ!
Posted by カブ子 at 2009年10月01日 02:46
◇にんじんはん
お返事遅くなってすみません。ぺこーーり。

ガラスの仮面は「安達祐実主演TVドラマ」ですごく興味を持ったんですが、テレビでしか見たことがありません。ガラスの仮面って楽しそうだね〜。
でも、44巻もあるなんて、借りてきたのを置いとくだけでもチビリそうな量でし。
実内すずえ、描きすぎやろ!
わたしの行った昼寄席は平日だったので中高年がイッパーイですた。デート中高年もいたかもしれませんが、土日や夜寄席なら若者デートカップルもたぶんいるかも。 
え?テープ聞きたい?あい、お安い御用でしッ!聞いたものはきっと泣く。まつがいあるません。キッ!

今年の写真はありません、撮ってるはずだけど、まだ見てません。おととしのはケータイに入ってるけど、ものすごく太ったおばはんみたいに写ってるの、誰よこれ。おかしいわ。これじゃ久美子がやってるて判ってもらえないわ。だから見せませんよ。




Posted by 青グリン at 2009年10月01日 21:11
◇ひそそかはん
>関係ないお喋りしちゃってゴメンネ〜
もッ。まったくでしッ!も。わたすはすっかり気分を害してッ、もッ。つむじをまげてしまいますたからねッ。キッ!これ以上やったら喰い殺すわよッ。キッ!
なんちゃって〜、わたす自信が八割がた無関係なことを書いてるのでいいのでし。ここはそうゆうとこなのサ。サッ君たち存分にやってくれたまえ。
で、そんなこんなで、テープがにんにんのとこにまわるかもよ。おっほっほ。ヨロシクネ!
>ああっ、亜弓さんがあんなことにーーー!!
ど、どんなことに?44巻やってるうちに中年になって14キロくらい太ったとか?
鼻にプロテーゼ入れて失敗したとか?事務所に言われて映画監督と寝たとか?はっ!今はやりの覚醒剤ッ!まさかまさかそんなこと!
オロオロ。
Posted by 青グリン at 2009年10月01日 21:14
◇にんじんはん
月影先生、今でも前髪たらしてますか?一巻と44巻の間の時間経過はどうなっておるのだね?ファッションは?ちょうちん袖やフリルは?興味がわくでし。

◇ひそそかはん
のだめも評判いいのに読んでいませんッ!くくー、わたす遅れるみたい。焦るわ。
ところでミニーがお遍路さんの途中、美内先生目撃のタレ込みがありますた。この情報は確かでし。なぜならミニーがおとつい泊まりに来て、ロールケーキを食いながらワインを飲んで、足裏マッサージしてくれたからでし。人の足を揉んでくれるような気のいいニンゲンがウソは言わないから、これは確実でし。どうせなら亜弓さんの今後をどうするつもりか聞いてきてもらいたかったでし。
Posted by 青グリン at 2009年10月01日 21:16

◇ひよりはん
>関係ないお喋りしちゃって(以下略)

おろッ。ここにもッ、謝ったらすむと考えるふこころえものが発生中でし。
ゴメンですんだらケーサツいらんのじゃ、グシーッ(みずかきを開いて威嚇してみますた)!
なんちゃって〜。そだ、上にも書いたけど、ミニーちゃん先生を見たらしいでし。びっくりしちゃうわよねー。もっとびっくりしたのは、ミニーが「私って元気なほうだよね。健康だよね」と私に訊いたことですた。「みんな知ってる」「全員そう思ってる」とこたえておきますたが、今頃再確認していたようですた。なんだかとてもびっくりしますた。
Posted by 青グリン at 2009年10月01日 21:18

◇おカブはん
あ、わるい子のカブちゃんが来たわ。こんどはなにをしにきたのかすら。オロオロ。
あい、今日から貸本屋カウンターでしよ。さ、申し込みは済みますたか?そうでしか?じゃ本部から配送センターにれんらくれんらく。


◇にんじんはん
あい、こちら貸本屋センター、配送お願いしまーす。
カブ子さんがガウガウ吼えながら本待ち中でし。噛むからきよつけてね。

Posted by 青グリン at 2009年10月01日 21:21

◇おカブはん
あい、にんじんさんが仕事立て込むと徘徊するのは有名な話ですね。追い込みかかってるのかも。カブちゃんに貸す前に全巻読み返したりして。にんじんさんに会ったら、仕事中気が散らないように耳の穴に粘土を詰めてあげてくだサイ。
ところでおカブはん、あたらしい武勇伝はいつ聞けるのでしか。あやくアップしろ。キッ!
Posted by 青グリン at 2009年10月01日 21:25
ちょっとー、ちょっとー!
あんたらどんだけ人をオロオロさせたら気が済むねんや!!
ソフトボールのテープは門外不出でしッ。ダビングしたり、グリンちゃんちの玄関を出たりしたらバクハツする細工がしてあるでしよッッ!!万が一テープが不発だったら、この私がバクハツしますからーー!!
いいかっ、わかったか!
Posted by ひそそか@ハァハァ at 2009年10月01日 22:17
◇ひそそかはん
>いいかっ、わかったか!
え〜〜、わかんなーい。ウキキキ。
ああもう、ウソウソ。わかったよ、わかったよ。
じゃ、にんじんさんが家に来たら、うちで一緒に聞くことにするでし。
Posted by 青グリン at 2009年10月01日 22:34
ひそそかさんの激しい反応のされようを眺めているうちにソフトボールのテープなるものに俄然興味が湧いて来ました。
当初は何の話かサッパリ見えなかったものが何となく見えても参りました。
グリンさん、テープ鑑賞オフ会には必ずお声を掛けてくださいまし。
Posted by 市蔵 at 2009年10月02日 00:50
◇市蔵はん
た、大変ッ根性が曲がってそりくりかえっているでしッ。もう輪になりそうなイキオイでし。ことの発端は悪いいもうとのカブ子さんが絡んでいます。カブ子さん絡みはいつも必ず悪いでしからね。どのように悪いかささやきに貼っておきますたのでご確認ください。ガクガク。

イチゾウさんは激しく反応しとるのを「うむ」と確認してから張り切るタイプなんでしね。サスガでし、この余裕、おとなのゆとりを感じさせるものがあるでし。
鑑賞会を開催の際はおいでください。わたすはひそ姉に半殺しにされると思いますが、その覚悟は出来ているでし。キッ!人様の為に捨て身のわたす、まるでマリア様のようでし。年末に馬小屋で出産するかも。
Posted by 青グリン at 2009年10月02日 01:42
ソフトボールのテープ・・・聴きてぇ〜♪

この私がバクハツしますからーー!!
・・・見てぇ〜♪

テープ鑑賞オフ会・・・行きてぇ〜♪

テープ鑑賞オフ会、東京でもやりましょう! >カブ子さん
もちろん、ひそそかさんにはナイショで。


あ、落語。
僕はまだ生で聴いたこと、ないんですよね。
相撲も歌舞伎も文楽も、生で観たことないですし。。。
日本好きのガイジンに生まれればよかったです。
Posted by アキラ at 2009年10月02日 10:43
むきゃー!
なんなのよ、この界隈のシトたちはっっ。
ああもー、私どうしたらいいかわかりません、シクシク。半殺しすらも覚悟の上で鑑賞会を開こうとしているグリンちゃんを止めるすべがあれば誰か教えて〜。グスグス。
うっ、それもこれも元はといえばすべてカブのせい!ええい、もうゆるせん。「のだめ」は金輪際貸してやんないもんねーだ。べーだ!
Posted by ひそそかヽ( )`ε´( )ノ at 2009年10月02日 11:07
わたし、ひそそかの妹である喜びを、今かみしめております。
ああ、しあわせだわ〜 (*v.v)。

>テープ鑑賞オフ会
やりましょうやりましょう♪ ひそそかには絶対ナイショねー!

>「のだめ」は金輪際貸してやんないもんねーだ。べーだ!
ひよちゃーん、のだめ貸してー♪
Posted by カブ子 at 2009年10月02日 23:24
>半殺しすらも覚悟の上で鑑賞会を開こうとしているグリンちゃんを止めるすべがあれば誰か教えて〜。
<
なんかさ〜、本人のことでなく、関係者がらみで恫喝すればいいんじゃない?
ほら、よくあるじゃないすか、
「そういや、オマエのオンナ、ヨシエっていったっけ?
 オマエの子、はらんでるそうじゃぁねぇか。
 あんまり無体なことばっかり言ってっと、そいつが階段踏み外して落っこちまうかもしれねぇなぁ・・・。
 それで流れちまったても、かわいそうだがなぁ。
 クックック、モノ言うときは、覚悟して言いな」
みたいな。 (^_^;)


>やりましょうやりましょう♪ ひそそかには絶対ナイショねー!
<
おー、やろー! 楽しみー!!
ナイショ、ナイショ♪

でもさー、大阪組はさ、実はもうテープ鑑賞会を終えちゃってる可能性もありますよね。
で、それを「天満繁昌亭に落語を聞きに行った」ってことにして、記事にして、分かる人たちだけでムフフフフ・・・と楽しんでる、と。
違うかー!
Posted by アキラ at 2009年10月03日 01:00
◇アキラお師匠はん
お久しぶりでし。ぺこーーり。
あいッ、あいッ、せんせー、せんせー!わたすもひそそか大爆発見たいでし。見たいでしー!日食観測より、よっぽどスリルがありますからね。
バクハツの時、かけらになって砕け散るのか、ぶちゅんと飛び散るタイプで破裂するのか、メリッと地割れするのか、パッカ〜ンと開くのか、ぎもんはふかまるばかりでし。さっ、箒・ちりとり・雑巾・ハイターを用意して観測でしッ!
え!落語聞いたことないですか?文楽も?そのかわり整体やってるからいいとしようか。あれを外国語で分かるように説明してやりなされ。

Posted by 青グリン at 2009年10月03日 21:36

◇ひそそかはん
シクシクと泣き落としにあいりますたね。でもわたす、疑りぶかいマリア様なの。キッ!今はそれより年末にむけて不安でイッパイなの。このトシで初産でしからね。
>べーだ!
ああ、ああ、ダメなのにダメなのに。そんなことしたらカブ子さんがよけい張り切ると思いますよ。

Posted by 青グリン at 2009年10月03日 21:38

◇おカブはん
言えば言うほどケロケロしており、怒ってハタこうとするとすり抜け、蹴ってもくぐり抜け、相手ばかりをヒッシにさせておいて、自分はヒャラヒャラしてる。ああムカつく〜。そう、その調子でしッ!それでこそ悪いカブ子さんの本領発揮でし。「べーだ!」のあと「ひゃひゃひゃひゃ〜〜」と、おちょくった感じで笑い去るともっといいでしょう。頑張れ。

Posted by 青グリン at 2009年10月03日 21:40
◇アキラお師匠はん
ドッシーン!なんてことだ。くくぅ。師匠と師匠と思っていたのに・・・。師匠が師匠の皮をかぶった恫喝コンサルタントだったとは・・・(泣)。そのうえヨシエにあにする気だ!そんな脅しには屈しない、キッ!おめおめとヨシエを階段から突き転がされるような間抜けな僕たちと思うなよッ!こうなったらその前に 『キミとこの家の玄関の上がり框に足掛けて、ヨシエに出産さすから覚えとけや、キッ!キミとこの嫁はんに産婆さすからそのつもりでなッ。玄関には胎盤の置き土産やッ。キッ!』と、迷惑タイプの嫌がらせで応戦でし。赤の他人の子を自宅出産されたら、誰だって気疲れと迷惑で半泣きになりますからね。

お、まだ関西地区でも公開してません。興行権を握るカブ子さんがいる関東地区の公開のほうがあやいかもでし。
Posted by 青グリン at 2009年10月03日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128553977

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。