2011年08月29日

よくがんばりました

洗濯機をせんたくきとよんでる人はいますか?わたしはどうしてもせんたっきと言ってしまいます。
うちの洗濯機がこの一年近く大変不調ですた。どのような不調かと言いますと、脱水のたびに「キッ!」と止まってしまうのです。そんな時はバンッ!とフタを開けてからバッタンッ!と閉じなければなりません。そのバッタンの頻度が増え、平均して一回の脱水につき5〜6回のバッタンをしなければならなくなってきますた。しまいには音と手ごたえでバッタンッ!のアタリとハズレが判るようにまでなってしまいますた。もう限界。何年使ったのだろうかと見てみると91年製ですた。20年使えばもう充分。思い起こせば一人暮らしを始めて20年もたつのかー。その間、嫁にも行かず子も産まず・・・・と思わずしみじみしてしまいますたが、今は人生を省みている場合ではあるません。一度にするバッタンが10回を超えてきているのですから。
バッタンよ今日までご苦労さまですた。よく尽くしてくれてありがとう。もうお休みください。さよならです。お別れです。さびしいです。
ありがとうバッタン.JPG


さて、どんな洗濯機を買おうか、今度のも長く使う予定だからものすごーく迷いますた。ウチの洗面所の角に据付られている、内寸63cmの洗濯パンに収まる縦型の全自動にしますた。
バッタンが4.5キロ容量のものだったので、大きなものがあると一度に洗えないことがありますたから、今度は容量の大きなものにしますた。
いま思うと親の介護のとき洗濯物が増えて、夜中に2回洗濯するのはちょっとしたストレスだったんだと気がつきました。あの時買い換えててたら良かったな、と今頃わかりますた。
それと全自動で2回洗濯するより、そうゆう時は2槽式の洗濯機が便利なんですよね。洗濯機を選んでいて、今でも2槽式の根強いファンの人がいる気持ちがちょっと分かりますね。

そして新しいのが来ますた。わーい。
TOKOROGA!新しいヤツ、水道がじゃましてフタが全開できません。どうしよう。そうだ、カブちゃんに相談しよう。置き方を90度ふって水道が背にくるようにしたらいい、と言うことで、やってみたけど重くていごきません。それに設置の人が水道の栓を閉めてなかったので(洗濯してないとき水道は閉めましょう)、自力で動かそうとホースをはずしたとたん水がブジャーッ!となってしまい、だんだんみじめな気持ちになりますた。しくしく。仕方ないから翌日の夜また設置の人に来てもらって向きを変えてもらいますた。わーい。新しい洗濯機、すごくい〜い。ちゅうかバッタンがものすごくヨボヨボだったのが分かりますた。酷使に耐えてよく頑張っていたのです。オロロン。

TOKOROGA!数日後に今度は洗濯干しハンガーの洗濯ピンチが日晒しの経年劣化でポキポキと折れ始めますた。
折れた洗濯ばさみ.JPG

そのことに腹を立てたわたしは梅田の東急ハンズに行って、オールステンレスのハンガーを買ってきますた。これならポキポキしないでしょう。大木製作所のステンレスハンガー、信頼の日本製。
さ、使ってみましょう。おお、背景になじむ控えめな感じがいいじゃないか。
景色にとけこむおとなしさ.JPG

ピンチのバネは手に固すぎず、でもシッカリ留まりますよ。
しっかりキャッチ.JPG

わたしはバスタオルも竿に掛けるより、こうするのが好きです。
この方が全体が日光を吸って、繊維によく風が通るみたいな感じがして、ゆれてるのを見ると気分がいいですからね。
放射能が付いてももういいの

洗濯機がなかった頃の家事って、本当に重労働だったでしょうね。便利なものだから大事に使います。ハンガーも気に入りますた。他のサイズのも買おうかな。
書いてる間に洗濯物が乾いてきますた。さ、取り込もう。
posted by 青グリン at 01:37| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。