2011年02月24日

天井から水漏れ

お久しぶりです。
ご無沙汰している間に旅行をしてきたので、それをブログに書きかけては数日ほったらかしたままにしております。
おとつい帰宅して、さてブログの続きでも書こうかと夜8時前PCに向かっていると、ピチン・・ピチン・・ピチン・・と音がします。
カナブンが狂ったように飛んで天井にぶつかる音かと思いましたが、カナブンなんていません。

・・・・・つーーっとお部屋を見回すと。
つーーっと見回す.JPG

あー、天井から水漏れ〜〜〜。何かで水を受けなくては〜。

ドッシーン!水滴ー!.JPG

水漏れは以前にもあったのです、その時はお洗濯中にホースがはずれたとかで、水が漏れてませんか?と上の人がお知らせに来てくれたんで、またかなと思い、上の人に言いにいきました。
ピンポーン。すみませーん、下の階のものです下の階のものですー。
するとどうした事でしょう、お留守なのです、ドアに耳をつけるとザーザー水が流れる音がします。
えー、いないのに何で水が出てるのでしょう、それにこのザーザー音はやばいのでは?あやく止めねばイカンのでは?とオロオロしますた。
管理事務所はもう人が不在の時間、どうしよう、どうしよう・・・。
すると水漏れ家の隣家の高齢夫妻が出てきました。事情を話すと、「うーん、ここの人早いと9時ごろ帰ってくるけど、たまに帰ってこないよ〜」とおっしゃいます。「ちょっと待って・・メーター見てみよう、あー水道のメーター回ってるねー、水出てるねー」と高齢お父さんが言います。
どうしよう、どうしよう、オロオロ。
とりあえず水漏れして困ってることを書いてドアに差し込んでおきますた。
どうかどうか、お願いですから、あやくあやく帰ってきてくださーい。と願いつつ、部屋を意味なくうろついたり、落ち着いていられません。
上の人は9時頃に帰宅され水を止めてくれました。ホッ。
水が落ちるのが止まるのは、それからしばらくかかりました。

上の人もわざとやった訳じゃないし、怒っても漏れたものは仕方ない。本人も、ものすごく恐縮して平謝りしています。それに翌日大きなお菓子の箱を持って来てくれたから許します。しかし水漏れはいやなもの。ショックだったので旅行の記事の前に書きますた。と言うよりせっかく書きかけたのに、旅行の話を書く気がしばし失せる出来事ですた。



posted by 青グリン at 16:40| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。