2009年10月20日

ごめんねジロー、いまさらジロー

土曜日に山口、広島、岡山、から叔母さんが4人、父の見舞いにやってきました。
父は7人きょうだいで男が一人、その後6人妹が続いた、女系の家なのです(姉妹のうち二人は既に亡くなってます)。姉妹全員で会いにきて下さいました。
父と一番下の妹では年が18も離れており、お祖母ちゃんがいた頃は、まだ嫁ぐ前の叔母たちによく遊んでもらったり、面倒見てもらったりしてたため(嫁いだ叔母にも優しくしてもらいました)、私にも叔母たちとはたくさん思い出があり、久しぶりに叔母たちに会えて私も嬉しかったです。

うちの田舎の本家の敷地にお祖父さんのお墓があるのですが、父は関西に墓を買いました。お祖母ちゃんは亡くなる前に大阪によんだので、こっちで葬式もして、父が買った関西の墓に入ってます。
で、お祖父ちゃんもこっちに移そうかって話になったらしいのですが、ああゆうもんは勝手に開けてハイ入れ替えッ!という訳にはいかないようです。お寺をよんでどうこうしたり、抜いたあとの墓石の始末だとか、けっこうお金も手間もかかるらしい、ということで、「ま、祖父さんは自分の兄弟らと墓が並んであることやし、淋しくはないやろう。そのうちでええか」と、先送りにした挙句、忘れていたのでした。
それに本家は「お墓ここに置いといたらいいよ」と言うていたそうです。ところが、本家の人も代替わりしてゆきます。ここに置いといたらいいとか言ってた人がいなくなり、そんな話知らんで、という新しい世代の人にしてみたら、よく知らん人らの墓のお守りまで出来ないよーう。ということで、墓をどかせて欲しいという話になっているのだそうです。(あい、本家とか言って、自分ちに墓ばっかりいっぱい押し付けられるのは同情します。)
そしてお祖父ちゃんの兄弟たちが次々とお墓をよそに移していっており、本家以外ではうちのお祖父ちゃんのだけが残ってる状態らしいのです。うちも早よこっちに移さないかんゆうことですね。
父は大阪にいるので、その話は聞いてないらしいのですが、本家の近くにいる叔母さんにはその話がされているとのことでした。そうゆう事になってるなら、あやくあやくと父も急くかもしれません。
しかしこうゆう話は、カーテンで仕切った大部屋の病室で出来る話ではなく、また病気中で動きのとれない父に直接言うのも悪い気がする、ちうことで私にお話してくれたんですが・・・。

本家だの、墓だの、私の人生でこれまで考えたことも口にしたこともない話です。
叔母のひとりには、嫁ぎ先の方でも同じような話が出ているらしく、本家だの墓だのには全くげんなりしている様子でした。
「ホント、墓いらんよね。」
「お墓なんか、なかったらいいのにね。」
「墓がなかったら、きっと日本中の親戚からもめ事のタネひとつ減るよねー。」
「ワタシは海にでも撒いてほしいわ」
などと、叔母たちとうなずきあって話したのでした。

叔母たちは京都に泊まって翌日帰ってゆきました。
叔母たちを見てて「姉妹っていいな」と思っていたら、グリンちゃんは姉妹がいないから、困ったことがあったらウチに言ってきなさいね、と帰り際に言ってくれました。ちょっと泣きそうになりますた。
そんなこと言ってくれる人には心配させたくないものです。


叔母たちを見送って帰宅したら、団地の入り口に見慣れないものが。
お祖父さん色のカエル。なぜだか自分のお祖父ちゃんのような気がしますた。
いつもお祖母ちゃんのことは思い出しているのに、お祖父ちゃんのことは忘れがちでした。私が幼稚園の時亡くなったので思い出も少なく、お祖父ちゃんは損してます。私にとっても損した気がします。
お祖父ちゃんの名前はジロー。ごめんねジロー。
きんぎょちゃん、この先カエル画像につき見るな危険・・・続きを読む
posted by 青グリン at 22:04| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。